wantedly

名刺管理「Wantedly People」で紙の年賀状を無料で送れる新サービス

次の記事

SnapchatのPRを担当した企業がInstagram上のSpectaclesの宣伝をサボったインフルエンサーを告訴

ビジネスSNSを手がけるウォンテッドリーの名刺管理アプリ「Wantedly People」に新機能が登場した。読み込んだ名刺情報から紙の年賀状を無料で送れるサービス「Wantedly 年賀状」だ。同社はこのサービスの運営にあたり日本郵便と連携する。

サービスの利用方法は簡単で、Wantedly Peopleを起動して年賀状作成アイコンをタップ。合計18種類用意されたテンプレートを選び、名刺情報の中から年賀状の受取人を選ぶだけだ。受取人には前もって住所確認メールが送られるため、希望すれば会社宛ではなく自宅宛に受け取り住所を指定することもできる。

ウォンテッドリーはこのサービスをWantedly Peopleのマーケティング施策として行う。そのため、ユーザーは無料でこのサービスを利用できるというわけだ。先述した住所確認フローでは、受取人側に「あなたもWantedly Peopleで年賀状を送ってみませんか」といったリコメンドが表示され、それによりユーザー拡大を目指すという。

Wantedly年賀状で選べるデザイン一覧

Wantedly Peopleとの連携について、日本郵便デジタルビジネス戦略部長の西村哲氏は「法人の利用については従来の挨拶目的の利用だけでなく、販促目的の利用といったニーズも高まっている。名刺管理ツールとの連携により、手軽に紙の年賀状が差し出すことが可能になり、年賀状自体が新しいビジネスツールになるものと期待している」と話す。

Wantedly Peopleは2016年11月のリリース。これまでに300万人のユーザーを獲得している。年賀状の作成期間は2018年11月1日から2019年1月11日までで、2018年12月22日中に作成を行えば元日に届けることが可能だという。

写真左よりWantedly CEOの仲暁子氏、日本郵便執行役員の小池信也氏