メルカリ カウル
メルカリ

本やCD特化の「メルカリ カウル」終了へ、メルカリ本体へ一本化

次の記事

サンゴ礁を絶滅から救うロボットLarvalBotはサンゴの幼生を何百万も海中に散布する

メルカリのグループ会社であるソウゾウは11月2日、本やCDなどの取引に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」の提供を終了することを発表した。終了時期は2018年12月17日の予定だ。

メルカリ カウルは2017年5月にローンチされたジャンル特化型のフリマアプリ。本・CD・DVD/ブルーレイ・ゲームといったメルカリの「エンタメ・ホビー」カテゴリに該当する商品の出品、購入体験を向上させるための姉妹アプリという位置付けだ。

出品した商品のバーコードを読み取ることで商品情報(タイトルや著者/アーティスト名、定価)を自動で入力できるほか、過去の取引傾向から売れやすい価格を自動で提案する「バーコード出品」機能が特徴。ユーザーからの反応も良かったため、2018年6月にはメルカリ本体にも同様の機能を取り入れている。

今回バーコード出品や新刊の販売など、メルカリ カウルが備える機能の大部分がメルカリにも追加されたこともあり、メルカリ カウルの提供を終了しメルカリに一本化することになったという。なお、メルカリ カウルで出品された商品については、同サービス終了後もメルカリに連携出品される。

メルカリでは2018年に入って5月に地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」を、8月には「メルカリNOW」「teacha」「メルカリ メゾンズ」を終了。各サービス終了の背景は以前ソウゾウ代表取締役の原田大作氏に聞いているのでそちらを見て頂ければと思うけれど、今回はメゾンズの時と同様“メルカリに機能を追加していくことで、よりレバレッジを効かせていく” 狙いがありそうだ。