民主党支持者に投票棄権を呼びかける数千のTwitterアカウントを削除、選挙妨害の大海の一滴

次の記事

3Dプリントした部品などの表面を安全に平滑化するZortraxのApoller平滑システム

Twitterは、来週の選挙で有権者に投票しないよう呼びかけている、何千もの自動的に作られたアカウントを削除した。

同社によると、9月から10月にかけては、最初に民主党のスタッフが気づいた1万近くのアカウントを削除した。

Twitterの公式の声明では、“自動化されたやり方で偽情報を共有する試みに関与している一連のアカウントを、弊社のポリシーへの違反として削除した。われわれはこれを、迅速かつその始原において停止した”、と言っている。しかし削除したアカウントの例示はなく、偽情報の投稿者の名前の発表もない。

それらのアカウントは民主党員を名乗り、都市部など厚い有権者層に、家にとどまり投票しないよう説得を試みている。このニュースを最初に報じたロイターによるとそれは、重要な選挙区で選挙結果を操作するためだ。

民主党の全国委員会のスポークスパーソンは、勤務時間外を理由にコメントを断った。

今回のアカウント削除は大海の一滴であり、Twitterはもっと大きな脅威に直面している。今年の前半には、テロリストのコンテンツを共有し宣伝している120万ものアカウントを削除した。そして5月だけでも、毎週1000万近くの、自動的に送られる悪質なメッセージを削除した。

Twitterの月間アクティブユーザーは7月の決算報告で3億3500万だ。

しかし同社は、同社のルールに違反したり、偽情報や不正なニュースを拡散しているコンテンツをもっと先見的に削除するための策を講じていないとして、議員たちから批判されている。あと数日でアメリカの中間選挙だが、この最新の削除努力は、Twitterが悪質アカウントを自動的に削除しなかった、という懸念をさらに広めるだろう。

偽民主党員に関するロイターの報道を受けてTwitterのサイト健全性担当Yoel Rothがツイートのスレッドで曰く、“ボットの検出に関する公開されている研究は欠陥が多く、その多くはボットを、確実性ではなく確率に基づいて検出する。なぜならば、公開されていない内部的アカウントデータを見られるのは、彼ら研究者ではなくTwitterだけだからだ”。

選挙が目前に迫っていてもTwitterには、偽情報の拡散に関する厳格なポリシーが、Facebookと違ってない。Facebookは最近、不正で人を惑わすような情報で有権者を押さえつけようとするコンテンツを禁じた

対してTwitterは昨年、その“オープンでリアルタイムな性質”が、“あらゆるタイプの偽情報の拡散に対する強力な対抗策だ”、と主張した。しかし研究者たちは、そのやり方に対して批判的だ。先月発表された研究は、2016年の大統領選の間にアクティブだった70万あまりのアカウントが、今もまだ健在であり、毎日100万のツイートをプッシュしていることを見つけた。

今年の選挙に関してTwitterのスポークスパーソンは、“各州の選挙管理職員と国土安全保障省および二大政党の選挙参謀たちが、われわれのポリシーの強力な施行と、われわれのサービスの健全な会話性の保護を支援できるために、オープンなコミュニケーションラインと、直接的で容易な活動拡大経路を確立した”、と言っている。

Thousands of Twitter accounts that spread fake news during the 2016 election are still active today, say researchers(未訳)

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa