TechCrunch Tokyo 2018

TechCrunch Tokyo 2018プログラム一部変更のお知らせ

次の記事

QR決済・無料送金アプリの「pring」が12.8億円を調達——“お金のコミュニケーション”軸に独自路線で拡大へ

TechCrunch Japanが11月15日、16日に開催する「TechCrunch Tokyo 2018」。先週に全プログラムを発表したが、来場予定の皆さんに早々にお詫びしなければならないことを心苦しく思う。TC Tokyo 2018で真っ先に登壇情報を告知した、GitHubのチーフ・ストラテジー・オフィサー兼ジェネラル・カウンセルのJulio Avalos(フリオ・アバロス)氏のセッションが中止となってしまったからだ。

同社はソースコードをホスティングするソフトウェア開発プラットフォームを運営しており、今年6月に米マイクロソフト社が買収を発表。その後、規制当局の承認が予想よりも早く下り、10月26日に買収が完了した。この影響でアバロス氏が多忙となり、来日を見送る旨の連絡があったのだ。

アバロス氏の講演を楽しみにしていた来場者のために、TechCrunch Japanでは本日から2018年11月9日(金)の17時59分59秒まで、購入済みチケットのキャンセルを特別に受け付ける。キャンセルを希望する場合は運営事務局(info@tc-tokyo.jp)まで、購入者氏名やチケット番号、申込番号を添えて連絡してほしい。各種手数料などを除いた全額を払い戻しする。

※各種手数料
コンビニ/ATM決済で決済完了後のキャンセルについては、決済システム利用料と振込手数料を差し引いた金額のご返金となります。
・決済システム利用料:チケット代金の8%
・銀行振込手数料:振込金額3万円以上の場合は250円、振込金額3万円未満の場合は160円