この199ドルのPS4と”Spider-Man”のブラックフライデーバンドルは、私の物欲を刺激する

次の記事

ZendeskはZendesk Sunshineの立ち上げでプラットフォームへと移行

個人的に断言しよう、これこそ今年のブラックフライデーシーズンのベストバイだ。まあゲーマーにとってという話ではあるが。これは凄い。目が覚めた。ソニーがPlayStaion 4 Slimと、新しいSpider-Manゲームを199ドルで販売するのだ。あまりにも安い。

現在1TBのPS4 Slimは、300ドルで販売されている。そしてこの価格は以前は500GBのものにつけられていた価格なのだ。なので、この改良されたテラバイトコンソールにつけられた199ドルという価格は既にかなりのお得だ。しかもそこにSpider-Manも付いている?私は通常ブラックフライデーの 個々の取引について語ることはしない(私たちはまとめのレポートは書くが)。しかしこれはまるで冗談のようだ。

ゲームは先日発売されたばかりで、絶賛レビューを受けている。多くのTechCrunchスタッフたちが何十時間もの時間を費やしているが、さらに沢山の時間を吸い取ろうと機能拡張が発売されようとしている。ほとんどの場所でまだ標準価格で販売されているため、 その価値は50から60ドルはある。

私はすでにPS4を所有いるが、私はこれを買うつもりだ。Slimによって変わったものはそれほど多くはないが、それは静かで使いやすく(もう目に見えないボタンはない!)、そしてもちろんかなり小さくなっている。これを139ドルで入手できるなら考えるまでもない。もちろんコントローラーも付属している。古い機種と交換し、店のポイントを使ってTetris Effectを入手するつもりだ!

Assassin’s Creed Odyssey falls far short of its own wondrous sandbox

比較のために挙げておくと、マイクロソフト任天堂の両社は、人気のあるゲームとバンドルされた基本コンソールを299ドルで提供する。明らかにソニーは彼らの昼食を横取りするつもりだ。

もちろん、PS4 Proにためにお金を貯めておくこともできる。しかしそれらの利点に対しては、決して疑わしいとは言わないものの、大部分のゲーマーたちにとって必須というほどのものではないと思っている。Red Dead Redemption 2は、4K HDR機器を持っていない限り、そこまですごく見えることはない。もしAAAゲームと最高のグラフィックスに夢中なら、是非Proを買うべきだが、そうでもない残りの私たちは、節約できたお金であと4、5本のゲームを買ったほうが良いかも?スリムにやろう。

他には200ドルのPSVRバンドルもあり、コントローラも安い。しかし明らかにSlimがこのラインナップの中心だ。読者は「参加小売サイト」を訪れて、おそらく私と同じような人と争って商品を手に入れる必要がある。他のセールと同様に開始は11月18日だ。

[原文へ]
(翻訳:sako)