グノシーから“スポーツ特化”の情報アプリ登場、今後もバーティカル領域のサービス拡充へ

次の記事

Mozillaがギフト用のスマート製品のプライバシーとセキュリティを評価して格付け

ニュースアプリ「グノシー」を軸に、KDDIと共同開発する「ニュースパス」や女性向け情報アプリの「LUCRA(ルクラ)」など複数の切り口の情報メディアを展開するGunosy。同社は今後、特定の領域に特化したバーティカルアプリを増やしていく計画だ。

Gunosyは11月15日、その第一弾としてスポーツ特化の情報アプリ「グノシースポーツ」のiOS版を今月末より提供すると明らかにした。

グノシースポーツは、独自のアルゴリズムを用いてスポーツに関する情報を配信するサービス。野球、サッカー、バスケットボール、テニス、ゴルフなど、様々なスポーツのニュースを閲覧できるほか、試合予定や結果を速報で入手可能だ。

試しに「鹿島アントラーズ」をマイチームに設定してみるとこのような感じだ。マイチームタブから順位や結果、最新ニュースを一覧できる

10月から先行してAndroid版が提供されているので僕も試してみたけれど、マイチーム機能が便利だと感じた。最初にJリーグのクラブやプロ野球チームからお気に入りの“マイチーム”を選択することで(もちろん後からも追加できる)、チームの最新情報や試合結果、順位表などにすぐアクセスできるようになっている。

iOS版の配信タイミングに合わせてAndroid版もアップデートする予定とのことで、今後はスポーツに関連した配信コンテンツの強化を進めていく方針だ。公式サイトの説明を見ている限り「ハイライトの動画」「詳細なゲームの流れや、仲間たちの熱い声援」に関する機能も予定しているようなので、グノシー本体とは一味違ったグノシースポーツならではの機能が増えていくのかもしれない。

先月公開された2019年5月期の第1四半期決算説明資料でも“バーティカル領域のアプリ切り出し”に関しては触れられていたけれど、Gunosyでは今後も別領域のアプリを準備している模様。「バーティカル領域のアプリコンテンツを拡充し、ユーザーが求める情報を各アプリから快適に届けられるよう、需要にあったアプリのご提供を目指して参ります。」としている。