Walmart
Eコマース

WalmartはAppleを抜いて米国で第3位のオンライン小売業者になる見込み

次の記事

FirefoxブラウザーにWebサイトの侵犯通知機能が加わる、開示義務により侵犯情報の最新化も期待

eMarketerからの今週のレポートによれば、WalmartはAppleを抜き米国で第3位のオンライン小売業者になった。依然Amazonが、2018年のeコマースの48%を占め、他を圧して首位を保ってはいるものの、年末までにWalmartは(Sam’s ClubとJet.comも加えると)、米国内のオンライン小売業における売上の4%を占めることになりそうだ。

このeコマースランキングの変動のニュースは、Walmartの力強い増益の報告と共にもたらされた。それによればWalmartはオンラインの売上が43%増加し、年末に向けて増益と増収が期待されている。

同社は第3四半期に、1株あたり1.01ドルとされていたウォール街の予想を上回り、1株あたり1.08ドルの利益を上げた。とは言え収益全体としてみたときには、為替の変動により、期待されていた1億2555万ドルには届かず、1億2489万ドルにとどまった、と同社は語っている。

eMarketerは今年7月、ウォルマートが米国で3.7%のeコマースシェアを獲得すると予測していたが、その急速なオンラインセールスの成長を受けて、その数字を4%に変更した。

今年Walmartのオンラインセールスは39.4%増加した。これはオンラインの家具並びに家庭用品の小売業者Wayfairに次ぐ数字だ(Wayfairに関しては40.1%の増加が見込まれている)。

一方、2018年のAppleの成長は、18%強に留まっている。この鈍化は国内でのスマートフォンや、その他のデバイスの売上鈍化に関連している。eコマース市場における同社のシェアは2017年から2018年にかけて相対的に変化していない、その変化は3.8%から3.9%になった程度である。

対照的にウォルマートは、シェアを3.3%から4.0%に引き上げている。

しかし、どちらも現在7.2%を占めるeBayには及んでいない。そして両社とも、2018年の米国eコマース市場で48%のシェア(昨年は43.1%)を占めるAmazonからは大幅に引き離されている。

eMarketerによれば、Amazonの国内売上高は今年2521億ドルになることが期待されている。

「Walmartのeコマースビジネスは、最近絶好調である」とレポートに書くのは、eMarketerの主席アナリストであるAndrew Lipsmanだ。「Walmartはそのeコマースポートポートフォリオを賢く拡大し続けていて、若くてより裕福な購買客を引きつける続けています。しかし何よりも、Walmartは急速に成長する食料雑貨ビジネスを起動に乗せています。これは多くの顧客がクリック購入に慣れてきたことによるものです」。

画像クレジット: SAUL LOEB/AFP

[原文へ]
(翻訳:sako)