Billie Eilish

Appleのクリスマス広告は美しい短編アニメだった――内気な少女が分かち合うことの大切さに気づく

次の記事

元サイバー西條氏が率いるXTech、株式投資型クラウドファンディングへ参入

Appleはいつもクリスマス・シーズンの広告には力を入れている。今年のクリスマス広告はキュートな短編アニメだった。 ピクサーのアニメにウェス・アンダーソン監督のタッチを加えたような仕上がりだ。

この短編は「贈り物を分かち合おう」(Share Your Gifts)と名付けられている。夢見がちなティーンエージャーの女性が主人公で、MacBookを使って何かを作っている。われわれにはそれが文章なのか詩なのか絵なのかわからない。

ともかく彼女は出来たものが気に入らず、プリントアウトをいつも緑色の箱に入れてしまう。紙が溜まりすぎてとうとう蓋が閉まらなくなる。

冬の寒い夜、彼女の愛犬がうっかり窓を開けてしまう。プリントアウトは窓から飛び出して宙を舞う。人に見られてはたいへんだと主人公は紙の後を追いかける。

最後に主人公は「分かち合う」ことの大切さを知る。美しく描かれているが、実際これは多くのクリエーティブな人々の実感をよく現していると思う。Instagram全盛の時代ではあるが、自分自身を深いところから表現する作品を公開することにはためらいを感じるものだ。

昨年までの広告と比べてサウンドトラックの雰囲気は大きく違う。これは16歳のシンガーソングライター、ビリー・アイリッシュが担当しているからだ。若い世代のアーティストの多くと同様、アイリッシュも両親と暮らす家のベッドルームでMacを使って作曲を始めた。この歌は兄弟の俳優、歌手のFinneas O’Connellとの共作だという。

面白いことに、今年の広告にはiPhoneもiPadもApple Watchも登場しない。 登場するのはMacだけだ。AppleにとってMacはきわめて重要なプロダクトだということを訴えたいようだ。ともあれ、ティム・クックはこの秋のビッグイベントでそう語っていた。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+