韓国eコマースCoupang、ソフトバンクのビジョンファンドから20億ドル調達

次の記事

クラウド通信のためのAPIを提供するAgoraがシリーズCで$70Mを調達、Twilioに負けない強みとは?

ジャーナリストJamal Khashoggiの殺害はサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子の指示だったとCIAが結論づけてからわずか数日後、サウジアラビア政府系公共投資ファンド(PIF)が450億ドルも拠出している途方もなく大きなソフトバンクのビジョンファンドは投資活動を再開させた。

韓国最大のeコマース企業Coupangは今日、ビジョンファンドから20億ドルを調達したことを明らかにした。ソフトバンクにとってこの投資は、10月のKhashoggi殺害以来最も大きなもので、ソフトバンクが保有するCoupangの株式がビジョンファンドに移された数週間後に行われた。

この調達により企業価値がいくらかになったのかは明らかにされていないが、この件に近い情報筋がTechCrunchに語ったところによると、今回の調達で企業価値90億ドルになったという。我々が理解しているところでは今回のディールは新規株式発行で、Coupangはこれまでに34億ドル調達したことになる。前回の調達は、2015年のソフトバンクからの10億ドルだった。

今回の調達はCoupangにとって、韓国企業としては初めてビジョンファンドから出資を受けた企業という非常に大きな意味を持つ。ビジョンファンドはソフトバンク会長の孫正義が世界の勝ち組ネットワークとして有しているものだが、Khashoggi事件とのつながりが活動を難しいものにさせている。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子はワシントン・ポスト紙の記者で、サウジの体制に批判的だったKhashoggiの殺害を指示したとして広く批判されている。サウジ主導の調査では皇太子の関与を否定している;しかしながら先週発表されたCIAのレポートは、全ては皇太子の指示によるものだったと、前面から非難しているーその一方でサウジ王室の一部は王位継承者を入れ替えることを企んでいる、と報道されている。

殺害について孫は「人道にもとる行為だ」と非難したが、最近の投資家向けプレゼンテーションでは、「ソフトバンクは資本を展開する“責任”をサウジアラビアに負っていて、ビジョンファンドを継続する」と付け足している。

ビジョンファンドへの最大の出資者というPIFの同ファンドでの役割は、これまでの成果を汚すことになりかねない。シリコンバレーでは、多くのスタートアップ創業者が汚れのないところからの資金を選ぶだろうとする声も聞かれる。しかしながらこうした懸念とは裏腹に、ソフトバンクはここ数週間、多くの案件を発表したーここにはロボット調理スタートアップZumeへの3億7500万ドルの出資ガラスメーカーViewへの11億ドルの出資も含まれる。孫は、ビジョンファンドからの出資を断るスタートアップがあったとは聞いていない、と述べたが、将来“いくらかの影響はあるかもしれない”と認めている。

そうした事情はあっても、Coupangはビジョンファンドからの投資を受け、その旨を発表した。

「ビジョンファンドは将来を見通したファンドであり、彼らに選ばれたことを誇りに思う」。CoupangのCEO、Bom KimはTechCrunchとのインタビューでこう語った。

Kimは、Khashoggi殺害をめぐっての緊張は“我々や、投資を受ける企業を表すものではない”として、今回の投資による過激な反動は予想していないと語った。

果敢にも体制を批判したジャーナリストを殺害した(とされる)国が主に支えるファンドから多額の資金を受け取るというのは、良くは思われない。しかし究極的には、いかにその事実を振り払うかは今後わかることだ。世界は、CIAの正式な調査結果、サウジ王室とソフトンバンク・孫の反応を待っていて、この事件はCoupangの前向きなニュースの重荷になる可能性がある。

Coupangは韓国で最大のeコマース事業者となり、他のエリアへの進出にも積極的だ。

2010年の創業で、Kimによると2018年の売上は前年比70%増の50億ドルに近づいている。Coupangは、韓国の成人2人に1人がスマホに同社アプリを入れている、としている。Coupangの事業は韓国でのみだが、北京、LA、シアトル、上海、シリコンバレー、そしてソウルにエンジニアリング部隊を抱える。

50億ドルという売上は2014年の14倍で、これはCoupangが方向転換にフォーカスしたからだとKimは説明する。

「我々は株式を公開する計画を持っていて、それに向かって動いていたが、株式公開は我々のビジョンを満たさないだろうということに気づいた」とKimは語る。「その代わり、我々はテックプラットフォームやインフラへの何年にもわたる投資という、複数の長期的投資を行うことにした」。

それは、自前のトラックやドライバーのネットワークを発展させ、あらゆるレベルのテクノロジーを取り入れ、韓国中の顧客に素早く商品を届けるためのインフラとキャパシティを構築することを意味する。

これにより、Coupangは同日宅配やオーバーナイト配達などができるようになった。Coupangはまた、RocketPayという自前の支払いサービスも持っている。

たとえば、もし親が学校の前の日に子供に新しいレインジャケットが必要だと気づいたとき、午前零時までに注文すれば翌朝7時までにCoupang経由で受け取れる、とKimは説明する。オーバーナイト配達サービスではまた生鮮食品や“数百万”の商品も対象となる、と言う。これにより、Coupangはコールドチェーン物流ネットワークをわずか1カ月で構築した。

“何百万”もの顧客がCoupangのサービスを年間少なくとも50回、つまり毎週利用している、とCoupangは説明する。これは曖昧とした数字であり、全体の顧客ベースのどれくらいを占めているのかはわからない。にもかかわらず、注意を引く事実ではある。

今回の資金の使途について「Coupangは“多くの異なるプラン”を持っている」とKimは明かしたものの、詳細を語るのは避けた。

Kimはメディアのような近隣サービスは除外しなかったーAmazonはビデオや音楽ストリーミングを展開している。彼はまた、Coupangは「韓国以外のマーケット開拓を行うつもりだ」と明らかにしたが、どの国にいつごろといった詳細はまたも語らなかった。

株式を公開するという計画が復活する可能性はあり、その場合は韓国ではなく米国での公開になるかもしれない。しかしKimは、それがいつになるのか「具体的なタイムテーブルはない」としている。

イメージクレジット: Coupang (Image has been modified)

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)