求職
履歴書

CV Compilerはあなたの履歴書をより魅力的に修正してくれるロボット

次の記事

中国のGeek+が倉庫と物流向けロボット開発のために1億5000万ドルを調達

今では機械学習はどこにでも見ることができる。もちろん採用の世界にも。Andrew StetsenkoとAlexandra Dosiiの新製品CV Compiler(履歴書編集者という意味)を見てみよう。このWebアプリケーションは、機械学習を使用して、技術的な内容の履歴書を分析して修復し、GoogleやYahoo、そしてFacebookの求人担当者の目にとまるようにする。

創業者たちは、マーケティング担当者とHR専門家であり、合わせて15年に及ぶ人材募集をよりスマートにする経験を持っている。StetsenkoはかつてRelocate.meGlossaryTechを創業し、一方DosiiはCV Compilerに関わる前には多くのマーケティング企業で働いていた。

基本的にこのアプリは、履歴書をチェックし、何を修正して、どの企業に提出すべきかを助言する。ここまでは完全に自己資金で行われており、一般的な履歴書の修正ライブラリを保守しながら、新しく改良された機械学習アルゴリズムを開発している。

「オンライン履歴書分析ツールは沢山ありますが、それらのサービスは一般的過ぎます。つまりそれらは多くの職種に対して適用可能なもので、結果は一般的なもので、あまり魅力的なものとは言えません。フィードバックが得られた後で、ユーザーたちはしばしば追加のサービスを購入するように強いられたりします」とStetsenkoは言う。「これとは対照的に、CV Compilerはテクノロジー専門家向けにデザインされています。オンラインレビュー技術が、プログラミングの世界のキーワードをスキャンし、それらが、業界のベストプラクティスと比較して、どのように履歴書内で使われているかを調べます」。

この製品は、GlossaryTechにおけるStetsenkoの仕事から生まれたものだ。それはユーザーがテクノロジー用語を理解することを助けるChrome拡張だった。彼はその製品で、自然言語処理とキーワード分類を多用した。その結果、その一部がCVサービスの中に生かされている。

「履歴書のために、インタビューを受けることもなく不採用になっている採用申請が多いことに気が付いたのです。おそらく、1人の採用担当者が多くの候補者を10秒もかけずに切り捨てています」と彼は言う。

このサービスは現在稼働しており、チームは収集された情報が増え、時間の経過とともに改善することを期待している。それまでは機械学習ロボットに、あなたが仕事を得る際に何を間違ったかを言わせてみてはどうだろうか?つまり…ロボットがあなたを完全に置き換えてしまうまでは。

[原文へ]
(翻訳:sako)