家具レンタルairRoom、セット商品のサブスクを開始

次の記事

共有と熱量がオープンイノベーション成功の鍵、Scrum Connect 2018レポート

家具の月額制レンタルサービス「airRoom」を運営するElalyは11月26日、airRoom上の家具を使用した“コーディネート済みのパッケージ商品”のレンタル提供を開始した。

2018年10月に正式ローンチしたairRoomはサードパーティ製のインテリア家具を月額定額で利用できるサービス。ユーザーは家具を月500円〜借りることができ、1ヶ月単位で自由に家具の入れ替えを行うことができる。

これまでは部屋をairRoomの家具でコーディネートするには一つ一つの家具を選ぶ必要があったが、本日発表されたパッケージレンタルサービスを使えばセットで借りることが可能だ。新サービス提供の背景に関しElalyは「『airRoomで家具のコーディネートをされた商品をレンタルできないか?』というお声を多数いただいており、需要は感じておりました」と説明している。

パッケージ一覧をのぞいてみると「北欧風」「モダン風」「ナチュラル風」「男前風」という4つカテゴリーにおいて2種類ずつパッケージが用意されている。値段は4644円〜なので、気軽に試せるのでは。上記のパッケージでカバーしきれないものに関しては、airRoomのLINE@を通じて無料相談も行なっているそうだ。

「男前テイスト」

「北欧テイスト」

“家具のサブスク化”を行う日本のスタートアップはElalyの他にもあり、TechCrunch JapanでもこれまでにKAMARQCLASKaggレンタルなどを紹介してきた。今後、同様のサービスがどのような広がりを見せるのか、注視していきたいと思う。