電子トレカ「whooop!」川崎フロンターレなど5つのJリーグクラブと連携

次の記事

LinkedInが欧州データ保護規則(GDPR)に違反。非メンバーのアドレス1800万件をFacebookの広告ターゲティングに使用

スポーツチームやアスリートがオンライン上で電子トレーディングカードを発行することで、ファンと関係性を深めたり資金を集められる「whooop!」。運営のventusは11月26日、サッカー・Jリーグに所属するクラブと連携し、オリジナル「電子トレカ」の製作を2019年2月に開幕する2019シーズンより開始することを発表した。

来シーズンより連携が決定しているチームは以下の通りだ。

  • 川崎フロンターレ
  • アルビレックス新潟
  • アビスパ福岡
  • ツエーゲン金沢
  • 栃木SC

ventusいわく、同社は以上の他にも25チーム以上のJリーグクラブとの連携を検討しており、2019シーズン開幕に向け多数のJリーグクラブとの連携を予定しているという。今回の5クラブとの連携を“第一弾”とし、2019年シーズン開幕までに随時連携クラブが発表される予定だ。

whooop!は各ユーザーがチームの発行した“電子トレカ”を購入・売買することで、そのチームを応援できるプラットフォーム。正式ローンチが発表された2018年10月10日にも詳しく記事で紹介しているので、そちらも参考にしてほしい。

whooop!上でユーザーがトレカを購入する方法はチームのカードパックを直接購入、オークション機能を使ってユーザー同士で特定のカードを売買する、の2パターン。直接購入した場合にはカード代金の90%、ユーザー間で売買した際にも取引額の2.5%がチームの収益となる。また、チームは保有するカードの種類や量に応じた「特典」をつけることが可能だ。

TechCrunch Japanではスポーツチームやアスリートをブロックチェーン上で発行したデジタルの「投げ銭」で応援するサービス「Engate」なども紹介しているが、スポーツチームやアスリートが収益源を確保したり、ファンとの関係性を築いたりする手段は多様になってきている。

リリースから約2ヵ月、ventus取締役COO梅澤優太氏は「チームによって多寡はあるが、筑波大学蹴球部のトレカが数時間で完売するなど、少しずつユーザーの心をつかめていると思う」と今の手応えを話した。

whooop!は10月のローンチ時、「2018年内に50チーム以上、2019年初頭には100チーム前後」への展開を見込んでいると話していた。梅澤氏いわく年内の目標に関しては達成できる見込みだ。

「Jクラブもさらに増えるし、バスケやプロ野球、欧州サッカーのチームとも話をしている。2019年にはかなりのチーム数を掲載できるように進めている。一方でビーチサッカー、パラスポーツ、フェンシングなどwhooop!ならではのスポーツにも注目してほしい」(梅澤氏)

また、ユーザー体験を向上させるため「チームの投稿機能」や「ユーザーランキング機能」、「ゲーム機能」などを開発中だという。