Samsung、労働環境問題で謝罪。補償金支払いへ

次の記事

使用をやめられないユーザーにテック大企業は空の謝罪を繰り返す

和解から数週間、Samsungは従業員に病気や死亡をもたらした工場労働環境について謝罪した。「病気を患った社員とその家族に対して心からお詫び申し上げる」と役員のKinam Kimが先週の記者会見で言った。

これは、同社の液晶およびチップ製造ラインに対する長年続いた健康上の訴えを受けたもので、数十人の従業員が病気を患い脳腫瘍や白血病患者もいた。The Associated Pressが伝えた。

2007年に従業員が白血病で死亡した後、労働者らに代わって支援者グループが戦ってきた。公開謝罪に加えてSamsungは、労働環境による発病に対して従業員1名あたり最大13万3000ドルの慰謝料を支払う。流産や労働者の子供が小児がんになったケースもあった。

謝罪の中でSamsungは、以前の対応が「不十分」であったことを認め、今後労働環境を改善していくと語った。エレクトロニクスの巨人は2028年までに保証金を支払うことを約束した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook