AWS Transit Gatewayは多種多様なリソースを単一のネットワークトポロジーの下に収めてアクセスと管理を容易化

次の記事

Amazonのサイバーマンデーは同社史上最大のショッピングデーだった

AWSのデベロッパーカンファレンスre:Inventで今夜(米国時間11/26)、AWS Transit Gatewayと呼ばれるツールが発表された。それはユーザーがAWSの中にネットワークトポロジーを構築して複数のアカウントのリソース共有し、オンプレミスとクラウドのリソースを単一のネットワークトポロジーの中へ一元化する。

Amazonにはすでに、Amazon Virtual Private Cloud(VPC)と呼ばれる人気のプロダクトがある。顧客はこれを使って、自分のアプリケーションのプライベートなインスタンスを作れる。一方Transit Gatewayでは、複数のVPCs間の接続を構築できる。それはこれまで、相当面倒な作業だった。

AWSのグローバルインフラストラクチャとカスタマーサポート担当VP Peter DeSantisの説明によると、ユーザーはAWS Transit Gatewayにより中央集権的に管理されるゲートウェイに接続でき、その単一のコントロール集合を駆使して、ネットワークを容易にそして迅速に成長させられる。

図表提供: AWS

DeSantisによると、このツールはAWSとオンプレミスの両ネットワークを横断する能力をユーザーに与える。“ゲートウェイはイノベーションの一つの方法であり、それにより顧客は、安全で管理しやすい単一のネットワーキングをオンプレミスとAWSクラウドの両方にまたがって持つことになる”、と彼は説明する。

さまざまなリソースが標準的な種類のネットワークトポロジー上にあるかぎり、それらのリソースがどこにあろうとも、AWS Transit Gatewayによりそれらに一つのネットワークとして接続できる。“AWS Transit Gatewayを使ってハブ-アンド-スポーク型(車輪の中心とそこから放射状に張り出されたスポーク)のネットワークを構築できる。そこには、既存のVPCsやデータセンター、リモートオフィスなど何でも接続できて、そのネットワークルーティングやセキュリティを完全にコントロールできる。そのVPCsやActive Directories、共有サービス、そのほかのリソースなどが、複数のAWSアカウントに広がっていてもよい”。AmazonのJeff Barrが、この機能を発表するブログ記事にこう書いている。

長年、AWSといえばクラウドであり、ユーザーのクラウドリソースを管理するサービスを提供してきた。それはAWSのようなクラウドだけの企業にとっては十分だが、顧客は多種多様であり、インフラストラクチャやソフトウェアがオンプレミスやクラウドなど、いろんなところに散在している企業も少なくない。それらを、仮想的に単一のネットワークトポロジーとして扱えるようにするのが、AWS Transit Gatewayだ。

more AWS re:Invent 2018 coverage

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa