Amazon Forecastは時系列データから予測を作りだす機械学習ツール

次の記事

Uberの2016年のデータ流出と隠蔽、英国とオランダが計100万ドル超の制裁金科す

AmazonのAWSが今日(米国時間11/28)、時系列データに基づいて予測を生成する機械学習ツールAmazon Forecastをローンチした。予測は機械学習のかなりふつうの使い方だが、そのスキルのないデベロッパーが一からそれを作るのは難しい。しかしAmazonは当然ながら、自社のニーズのためにすでに多くのモデルを作っているので、今回はそれらをデベロッパー向けのプロダクトにまとめたのだ。

AWSのCEO Andy Jassyが今日のAWS re:Inventのキーノートでこう述べた: “わずか三クリックで、このツールにデータを与え、予測を得ることができる。超簡単でしかも、非公開ベータでベンチマークした結果としては、正確度は人びとがふつうにやるよりも50%高い。また費用は、どこかからソフトウェアを買う場合の1/10程度だ”。

Amazonはそのリテールビジネスの中で、自社のデータを扱うモデルをたくさん作ってきた。それは、Amazonがそのリテールサイトの需要予測に使ったりするものと基本的には同じ技術だ。ユーザーは同社に、彼らのサプライチェーンのデータのすべてを提供し、それによりそのサービスに、予測に影響を及ぼす変数を与える。

その楽屋裏では、AWSがそのデータとシグナルを見て、あらかじめ構築されている8種のアルゴリズムからどれかを選び、モデルを訓練し、それを微調整して予測を提供する。

AWSのこのサービスは、SAPやOracleのサプライチェーンツールと容易に統合できるし、Amazonの新しいデータベースサービスTimestreamのデータも使える。

このサービスは必ずしも安くはないが、デベロッパーの時間を大幅に節約できるだろう。

more AWS re:Invent 2018 coverage

画像クレジット: Ron Miller

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa