最先端技術

ホワイトハウス、テック大企業トップと‘世界を変えるアイデア’で話し合いへ

次の記事

ユーザーが自分のクラウドの正しい使い方をチェックできるAWS Well Architectedツール

Google、Microsoft、Qualcomm、そしてOracleのトップは来週の木曜日、米国のイノベーションに焦点を当てて‘大胆かつ世界を変えるアイデア’について話し合うためにホワイトハウスに足を運ぶ。

The Wall Street Journalによると、‘円卓会議式’のミーティングは5GからAI、量子コンピューティングに至るまで、ホワイトハウスの電子メール言うところの‘未来の産業において米国がリーダーシップを確保するのを手伝うような’幅広い最先端技術について話し合われる見込みだ。

トランプ政権と多くのテック大企業との間では、LGBTQの人権や入国管理といった社会的問題から関税に至るまでの政策決定をめぐり、緊張が長く続いた。そうした経緯を踏まえての今回のミーティングだ。

以前あったホワイトハウスでのミーティングに参加し、その後トランプがワシントンポスト紙のオーナーJeff Bezosを特に攻撃するにつれて政権との不和が深まったAmazonの不在が目立つ。TwitterやFacebook、Googleもメディアの偏見と‘シャドーバンニング’ について大統領の攻撃対象となっている。

Satya NadellaやSundar Pichai(Pichaiは前日に議会で証言もする予定だ)といったCEOとともに、カーネギーメロン大学の学長Farnam Jahanian、プライベートエクイティ会社BlackstoneのSteve Schwarzmanも出席する。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)