paypal

PayPal:ブラックフライデー&サイバーマンデーのモバイル支払高が過去最高の10億ドル超

次の記事

国際宇宙ステーション(ISS)の新型ロボットは宇宙を浮遊するAlexaみたいでヤバイな

Adobeが先週発表したレポートによると、ブラックフライデーのモバイルデバイスを通じての販売は過去最大だった。そして今週、PayPalは感謝祭からサイバーマンデーまでのショッピングにも同じような傾向が見られたことを明らかにした。ブラックフライデーのセールではモバイル支払高が過去最高の10億ドル超を記録したーそしてサイバーマンデーでも再び記録を打ち立てた。

今年のブラックフライデーでのモバイル支払高は2017年より42%増え、サイバーマンデーのモバイル支払高はそれをしのぐ伸びだった、としている。

しかしながら、サイバーマンデーでは全体の支払高が大きく、これはサイバーマンデーのショッピングの多くは、勤め人がデスクトップのコンピューターから駆け込み的に行なったからだろう。

グローバル規模では、感謝祭からサイバーマンデーまでの間のモバイル支払高は、PayPalが扱った全支払い高の43%を占めた。この期間中、PayPalは1秒あたり2万5000ドル超を処理し、モバイル支払いに限っていうと1秒あたり1万1000ドル超の処理だった。

ピーク時間はブラックフライデーに迎え、これはセールイベントの多くがオンライン上での開催にシフトしていることを意味する。オンラインとモバイルのショッピングという点ではピークはサイバーマンデーにきつつある、とPayPalは指摘している。

PayPalのデータではまた、別の傾向もうかがえる:ホリデー・ショッピングの始まりと終わりのラインがぼやけつつあることだ。最近では多くの小売が感謝祭、またはそれより以前にセールを開始し、ブラックフライデーの週を通して、あるいはそれ以降もセールを続けている。

たとえば、Amazonは同社のブラックフライデー/サイバーマンデーの大きな記録達成を利用することを決め、“12日間のセール”イベントを展開する。これは12月2日から12月13日まで開催され、毎日何百もの新たなセールを展開する。

またPayPalのデータは、ショッピングの早い開始を示している。感謝祭は今や別の大きなショッピングデーになり、年間を通してトップ10のショッピングデー入りした、とPayPalは指摘する。規模も昨年から41%大きくなった。

前年比で増えたのはEコマース支出だけではないこともPayPalのデータで明らかになった。ギビングチューズデーにはーこれはチャリティーへの寄付や人の役に立つようなものにフォーカスしたイベントだー180のマーケットの顧客100万人超が今年9800万ドルを寄付した。これは昨年から51%の増加という。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)