監視カメラのArloに4Kモデルが登場

次の記事

Apple MusicがAmazon Echoにやってくる

監視カメラのArloシリーズはNetgearにとってサプライズだったに違いない。おかげでネットワーキング事業の同社は今年、Arloの部門を独立させてIPOを果たした。

最新機種のArlo Ultraは超高解像度で撮影しHDR画像処理をする。400ドルの同製品はもしかしたら——たぶん実際に——ほとんどのユーザーにとっては過剰スペックだ。監視カメラに4Kが必要か? もちろん必要ない。しかし、超高解像度で得られる詳細が役に立つ場面もあるかもしれない。

価格には一年分のArlo Smart Premierサービス(通常価格120ドル)と家庭のWi-FiにつなぐためのSmartHubも含まれている。

Ultraの画角は180度で、内蔵LEDスポットライトにより暗いところではナイトビジョンより良い映像を得られる。デュアルマイクロフォンも内蔵しており、アクティブノイズキャンセリングによる鮮明な双方向会話が可能だ。。

Arlo Ultraは来年の第1四半期に発売予定。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook