credit card

カナダの1-800-FLOWERSサイト、クレジットカード盗難マルウェアの存在に4年間気づかず

次の記事

オープンソースの存続を脅かす身勝手な企業に立ち向かう

この後始末は大量の花だけでは済まなそうだ。。

1-800-FLOWERSのカナダ支店はカリフォルニア州検事総長宛ての報告書で、同社のウェブサイト上のマルウェアが顧客のクレジットカード情報を4年間にわたって流出させていたことを明らかにした。

4年間だ。考えてみて欲しい。

同社によると、マルウェアは2014年8月15日から2018年9月15日までの間、クレジットカード情報を取り出していた。しかし同社の主要ウェブサイトである1-800-FLOWERS.comは影響をうけなかった。

「調査結果によると、収集された情報には、氏名、支払い用カード番号、有効日付、およびセキュリティーコードが含まれている」と提出資料に書かれている。

つまりこれは、悪者があなたのクレジットカードを空っぽにするために必要な情報すべてということだ。

報告書には何人の顧客がデータを盗まれたのかは書かれていないが、 カリフォルニア州法によると、カリフォルニア州民500人以上が影響を受けた場合、会社はハッキングについて顧客に通知しなければならない。

4年間にわたる侵入はひどいだけではなく、なんとも絶妙のタイミングでもあった。奇妙なことに、2014年にさかのぼってセキュリティー問題を認めた会社はこれが2番目だ。木曜日(米国時間11/30)にMarriottは、5億人分の顧客予約記録が、4年間にわたり正体不明のハッカーによって盗まれていたことを発表した。

ことわざをご存じだろう:二度あることは三度ある。さて次は誰だろう?

Gift Guide: The best security and privacy tech to keep your friends safe

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook