Google、デジタルアート・ギャラリーにARを導入

次の記事

Googleのボイスメール着信選り分け書き起こし機能は便利だけど当面アメリカのみ

Googleは、アートの世界をもっと間近で見て欲しいと思っている。

同社のアプリ、Arts & Cultureは長きにわたりGoogleでもっともクールなニッチアプリのひとつで、私はこれを再発見するたびに見過ごしていたことに罪悪感を感じることがしょっちゅうある。本日(米国時間12/3)同社は、オランダの巨匠ヨハネス・フェルメールの作品に焦点を当て、収集品を一箇所にまとめた 体験を新たに加えた

同社の多くの作品集と同じく、展示には深く掘り下げられた研究や、事実情報のリスト、専門家のインタビューや論説などが備えられている。この表現方法でいちばんの特徴は、ミニチュアの3Dアートギャラリーを実際に構築したことで、見学者はスマートフォンのAR機能を使って眼の前の物理的空間でギャラリーを見ることができる。

ユーザーはARCoreまたはARKitを使ってこの「ポケットギャラリー」の中を動き回り、高解像度で取り込まれた絵画を間近で見られるとともに、作品に関する情報も得られる。

しかしちょっと試してみた限りでは、正直なところこれはスマホのARを使う意味をあまり感じないもののひとつだ。フルレンダリングされたギャラリーがリビングの目の前に広がるしくみは興味深いが、ARは移動可能なフルレンダリング3D環境に使うか、あるいは没入的体験はVRにまかせてスマートフォンでは2D体験にとどめておくほうがよかったかもしれない。

とはいえ、これが興味深い実験であることに間違いはなく、Googleがデジタルアートの没入的体験をさまざまな方法で試しているのはすばらしいことだ。GoogleのArts & CultureアプリはiOSおよびAndroid版が提供されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook