Boseのサングラス型新製品はオーディオARを提供する(ディスプレイはない)

次の記事

これが2019年に働きたい米国ハイテク企業ベスト15だ

オーディオ(スピーカー、ヘッドフォン)の名門Boseが新しいウェアラブルSDKを立ち上げて、拡張現実(augmented reality, AR)に手を染めたのは3月だった。そして近ごろやっと製品市場化のめどが立ち、最初のヘッドセットを来月発売することになった。

でも、ARという言葉に釣られるのは禁物。そのFramesと呼ばれる製品は、いかにもBoseらしく、あくまでも「オーディオによる拡張現実」だ。つまりそれはサングラスのような形はしているけど、ヘッドアップディスプレイはない。むしろその狙いは、すごく没入的なオーディエンス体験をユーザーに提供することだ。

このハードウェアは、頭の動きを捉える9軸モーションセンサーとAndroidまたはiOSデバイス上のGPSにより、ユーザーがどこにいてどっちを向いてるかを検出する。そして位置や方向の変化に応じてオーディオを内蔵ヘッドフォンへ注ぎ込む。

このグラスには、イヤーバッドや骨伝導ではなく、小さなスピーカーグリルがある。だからユーザーには環境音も聞こえる。そのことは、良くもあり、悪くもある。耳を完全に覆うヘッドフォンのように完璧なオーディオは楽しめないが、まわりによく注意することはできる。

さて肝心のコンテンツだが、その発表はまだない。それは来年からだ。でも同社によると、ゲームや学習、旅行情報などが提供されるらしい。ツアーガイドなんかも、あるのだろう。でももちろん、あなたはそのコンテンツが対応している場所にいなければならない。

お値段は199ドルで、まだ未知数の製品にしては高いが、もともとBoseの製品は高いから、誰も違和感を感じないかもしれない。電池は一回の充電で3.5時間、スタンバイタイムは12時間だ。Framesは2つのスタイルがある。アメリカでは1月に発売。そのほかの市場には春だ。

  1. Alto_Style_1965_31

  2. Bose_Frames_1965_11

  3. Bose_Frames_1965_6

  4. Rondo_Style_1965_4

  5. Rondo_Style_1965_5

  6. Alto_Style_1965_2

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa