Google、オンデマンド音声ニュースフィード提供でメディアと提携

次の記事

Qualcommは7nmの8cxプラットホームでPC市場にさらに大きく賭ける気だ

私がGoogleアシスタントで最も利用している機能が、朝のニュースだ。Homeに「どんなニュースがある?」と尋ねると、いくつかのメディアから素早く最新のニュースの要約を用意してくれる。

Googleは、オンデマンドのニュースラジオを追加してニュース機能を改善するとずっといっていた。過去1年かそこら、Googleはニュースプレイリストをつくるために、一握りのニュースメディアと協議してきたーここにはAP通信、ハリウッド・リポーター、ウニヴェルソ・オンライン、サウス・チャイナ・モーニング・ポストが含まれる。音声ニュースフィードには、現在のGoogleニュースで使われているものに似ているAIモデルを活用し、時間帯やリスナーの好みを反映させる。

「まずトップニュースの要約と、ユーザーが気にするトピックのアップデートから始め、その後掘り下げたニュースのようなボリュームのあるものへと拡大する」とGoogleはブログに書いている。「朝の起床時、あるいは通勤の途中、もしくはジョギング中など、あなたがニュースを聞きたいと思った時いつでもGoogleアシスタントは最新のニュースや、あなたがすでに聞いたニュースのアップデートを用意している」。

ユーザーは現在同様にGoogleにニュースのスキップや繰り返しをリクエストできる。

現在の提携に加え、Googleはニュースメディアがフィードに流すニュースを録音するためのテンプレートもつくった。また、メディアがより音声ニュースを提供するのをサポートするための、新たなGoogleニュースイニシアチブもある。

オンデマンド音声ニュースフィードの機能は現在、米国のユーザー向けとなっている。

アップデート:Googleは、このプロダクトは初期段階のため、最終バージョンの広域リリースはまだ未定、と追記した。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)