IBMはLotus Notes/DominoをインドのHCLに$1.8Bで売る…まだまだユーザー企業は多い

次の記事

Huaweiの孟晩舟CFO、逮捕容疑は詐欺――アメリカで有罪なら実刑30年の可能性

IBMが昨夜(米国時間12/6)、同社が1995年に行ったLotusの買収の残存部位をインドのHCLに18億ドルで売却する、と発表した。

IBMは当時Lotusに35億ドルを投じた。その中の大物は、NotesとDominoとPortalだった。これらは長年、IBMのエンタープライズビジネスの大きな部分を占めていたが、しかし昨年Big Blueは撤退を始め、開発の部分をHCLに売り、営業とマーケティングは手元に置いた。

今回の発表で、このラインへのIBMの関与は解消する。このプラットホームの開発部分が手を離れ、そしてRedHatに340億ドルを投じたIBMは今キャッシュが欲しい。だから、Lotusの他の部分を持ち続けることには意味がない、と決断したのだ。

インドのエンタープライズIT大手HCLにとっては、Notes/Dominoビジネスの構築を継続できる機会を、この買収でより確実なものにできる。HCL Technologiesの社長でCEOのC Vijayakumarは、次のように声明している: “これらのプロダクトの大規模なデプロイは、世界中の何千もの多様な業種と市場の企業に接近できる絶好の機会をわが社に与える”。

Constellation Researchでエンタープライズのコラボレーション分野の注視を続けているAlan Lepofskyは、この売却が、IBMがこのところ疎遠にしてきたソフトウェアにとって再出発の機会になる、と見ている。“IBMの最近の10年間に比べると、HCLはNotes/Domino にもっと本格的な関心を持っている。今後積極的に投資して、ブランドの若返りに努めるだろう”、と彼は語った。

Lepofskyによると、NotesとDominoを古いと感じる人も多いと思われるが、実際にはさまざまな企業で現役で使われている、とくに多いのがEMEA(Europe, Middle East and Africa)ヨーロッパ中東アフリカとAP(Asia Pacific)アジア太平洋地域だ、という。

彼によると、今回の売却によってIBMはコラボレーションの分野から完全に手を引くことになった、という。“IBMのコラボレーションは終わりだ。いち抜けだ”、と彼は言う。

IBMは今、独自のクラウドビジネスを開発中だから、それとNotes/Dominoは方向性が違いすぎる。10月のRedHat買収が示すように、同社はプライベートとハイブリッドのクラウドをサービスとプロダクトのメインに据える気だから、Lotus NotesやDominoのような古顔の出番はなくなってきた。

この売買を規制当局が承認し、完了するのは、来年半ばと予想されている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa