画像検索のGoogle LensがiOS上のGoogleアプリにやってきた

次の記事

Google+に5250万ユーザーの非公開データをアクセスできるバグがあった

iOSのGoogleアプリに、ビジュアル検索のLensがやってくる。iPhoneのユーザーは、モバイルでWebを検索する新しい方法を手に入れることになる。

Google Lensのアイコンをタップすると、ユーザーはカメラの中に飛び込む形になり、目の前の空間の中にある何かをタップするとGoogleがそれを認識し、それらのオブジェクトの検索結果を表示する。

Lensは2017年のGoogle I/Oカンファレンスで発表され、徐々に同社の一連のプロダクトに導入されてきた。新しい機能がデビューするのは同社のPixelフォーンの上がいちばん多いようで、その後他のデバイスにも波及した。Google Lensはこれまで、iOS上のGoogle Photosで使えて、画像中のオブジェクトを認識できた。

そのGoogle Photos上のLensにもアップデートがあり、英語以外にスペイン語、フランス語、イタリア語、そして韓国語がサポートされた。また、画像をスタイルで検索できるようになった。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa