cloud foundry

GoogleがIstioをGKEに統合、いよいよスタンダードツールの仲間入り

次の記事

Tesla、元従業員の「妨害工作者」を相手に1.67億ドルの訴訟

Googleが今日(米国時間12/11)、GKE、Google Kubernetes Engineのアップデートを発表し、それによりこのサービスに、Istioサービスメッシュのサポートが統合される。Istioのサポートは、現在ベータである。

Istioはまだ、Kubernetesが近年そうなったような高い知名度の用語ではないが、多くのエンタープライズにとって、クラウドネイティブなプラットホームを構築するための重要なビルディングブロックになっている。

Istioの中核的な機能は、Kubernetesをはじめさまざまなプラットホーム上で複数のマイクロサービスを互いに接続し、モニタし、セキュリティを図るためのオープンソースのサービスメッシュ〔mesh, 網の目〕だ。IstioとそのEnvoyプロキシなどのサブコンポーネントは、複数のマイクロサービスを統合し、それらのセキュリティを図り、ログデータを集積し、それらにより、Kubernetesのようなオーケストレーションのレイヤ(層)の上に新たな抽象化レイヤを提供する。

Google CloudのChen GoldbergとJennifer Linが、今日の発表でこう述べている: “Istioはマイクロサービスをもっとも有効に利用するための重要な役割を担う、と堅く信じている。そのためのIstioのやり方は、優れた可視性とセキュリティを提供することによって、コンテナ化されたワークロードをより容易に扱えるようにすることだ。このたびIstioがGKEに統合されたことによって、われわれはメジャーなクラウドプロバイダーとしては初めて、Kubernetesサービスとのダイレクトな統合を提供し、コンテナのライフサイクル管理を単純化した”。

GoldbergとLinはさらに強調して、Istioによってデベロッパーとオペレーターはアプリケーションをサービスとして管理でき、大量のさまざまなインフラストラクチャレベルの部位を見る・扱う必要がなくなる、という。また彼らによると、Istioを使うとネットワークトラフィックのすべてを暗号化できる。当然のようにGKE上のIstioには、Google CloudのモニタリングとロギングサービスStackdriverが統合されている。

Istioは、2017年の半ばにローンチした。そのプロジェクトは、GoogleとIBMとLyftのコラボレーションの産物だ。今夏7月にバージョン1.0に達し、Datadog, SolarWindsなどの企業がその後、自分たちのサービスにそれを統合するためのプラグインを作った。Cloud Foundryプロジェクトも、それをその、新しいトラフィックルーティングスタックのコアとして使い、Istioをサービスの中核としている。

関連記事: マイクロサービスの集まり(単一/複数アプリケーション)を安全に管理するプラットホームIstioをGoogleとIBMとLyftが共同で立ち上げ
参考記事: Istioバージョン1.0に

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa