kate spade

2018年のGoogle検索とその傾向、トップはWorld Cup、FortniteのGIF画像、Bitcoinだった

次の記事

ポケモンGOの対戦機能トレーナーバトル解禁!二つめのチャージ技が開放可能に

Googleの年末恒例のYear in Search(今年の検索)は、12カ月にわたって私たちの関心を集めたイベントやストーリーや現象のデジタルな記録であるだけでなく、その年に何が社会で重要だったか、そしてときには、それがどこへ向かおうとしているのかを示す計算書でもある。そして2018年、世界はひとつのスポーツイベントに、ひとつの結婚に、有名人の死に、自然災害に、そして政治に釘付けになった。

2018年に、グローバルコミュニティはワールドカップ(World Cup)に縛り付けられた。決勝戦はフランス対クロアチアだった。どっちが勝ったか忘れた/知らない人はGoogleへどうぞ。さらに世界は、ミュージシャンや科学者、アーチストなど有名人の死の前で歩を止めた。グローバルなGoogle検索の上位10のうちの7つが、2018年に亡くなった人びとだった。それらは、理論物理学者で著作家のStephen Hawking, ラッパーMac Miller, DJ Avicii, コミック・ブックを作った象徴的人物Stan Lee, セレブのシェフで著作家/テレビのパーソナリティAnthony Bourdain, そしてファッションデザイナーKate Spadeだ。

映画では、Black Pantherがグローバルのトップテンに入り、またハリー王子と結婚してサセックス公爵夫人になった女優のMeghan Markleもテンに入った。

アメリカに限定しても傾向は同じだが、選挙の結果とハリケーンフローレンス(Hurricane Florence)、そして宝くじメガ・ミリオンズ(Mega Millions)はアメリカ独特だ。

2018年のアメリカの検索でカテゴリーとして多かったのは、まつげ、1980年代のファッション、投票の仕方、選挙権登録の仕方、ユニコーンケーキ(Unicorn Cake)、Ketoダイエット(ケトン体ダイエット)などだ。アメリカのニュースの検索でトップは、World Cup、その次がHurricane Florence、Mega Millions、選挙の結果、Hurricane Michaelだ。セクハラ疑惑に揉まれたキャバノー判事(Kavanaugh)の最高裁判事承認の件は、2018年で6番目に多く検索されたニュース記事だ。そのあとは、フロリダ州の銃撃事件、イギリス王室の結婚式、オリンピックの獲得メダル数、そして第10位、予算難航による政府閉鎖、と続く。

もっとおもしろいのは、“What is ___ ?”検索(ナニナニは何ですか?)のリストだ。アメリカでいちばん多くの人が尋ねたのはBitcoin、次が恐喝罪(racketeering)、DACA(Deferred Action for Childhood Arrivals)(アメリカで成長した不法移民の子の強制退去猶予)、政府閉鎖(government shutdown)、聖金曜日(Good Friday)となる。このほか、ゲームのFortnite、聴覚の錯覚“Yanny or Laurel”、ナショナリスト(nationalist)も、多く質問された。

ゲームの検索に絞ると、トップはFortniteだった。ゲームのGIF画像の検索でもトップは“Fortnite”、次いで“Default Dance,” “Dilly Dilly,” “Orange Justice,” “Black Panther”だった。

ビデオゲームの検索では、Red Dead Redemption 2, Fallout 76, Far Cry 5, そしてGod of Warも多かった。

  1. US-Google-Searches

  2. copy-copy-copy-top-5-tech-acquisitions

  3. copy-copy-copy-copy-top-5-tech-acquisitions-1

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa