shareCloset
エアークローゼット

エアーからシェアへairClosetがアパレル破棄問題に真剣に向き合う

次の記事

45%の人がテレビを観ながらセカンドスクリーンを使っているーーニールセン調査

エアークローゼットは12月13日、着なくなった古着をシェアリングできるサービス「shareCloset(シェアクローゼット)」を12月14日より開始することを発表した。

ユーザーから着なくなった洋服を回収し、同社の検品技術や衣類ごとに最適なクリーニング方法などを駆使して再生したものを、希望者にシェアリングする(貸し出す)という仕組みだ。

古着の劣化度合いでシェアリングが難しい場合や、ユーザーが希望した場合は、リサイクルが選べるのも特徴。リサイクルされる衣料は、衣類やプラスチックなどのリサイクル開発の事業を展開する日本環境設計の「BRING(ブリング)」と呼ばれるサービスにより、再生資源として別の用途に利用できるようになる。

ユーザーだけでなくアパレル各社をパートナー企業としてサービスを推進する計画で、shareClosetを利用することで各社は年間30億着以上といわれる衣類の廃棄問題の解決策として活用できるとしている。第1弾パートナー企業としてすでにフランドルが決定しており、12月14日~31日まで、フランドルブランドの洋服を対象店舗に持参すると、合計5000円以上の新しい洋服の購入に使える1080円の特別クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施する。

対象店舗は、東京と大阪にある「INED」「ef-de」「7-IDconcept.」などの計6店舗。対象の洋服や店舗の詳細については、同社のウェブサイトを参照してほしい。

エアークローゼット代表取締役社長/CEOの天沼 聰氏は「消費者様のご反応やオペレーションの確認を行い、今後より大きな取り組みとなるよう改善していきたいと思います。今後この『shareCloset』を通して、お洋服がムダなく活用される社会づくりに貢献できたら幸いです」とのこと。