⻄菱電機
テレハイAVM
システムオリジン
DeNA

DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」 がタクシー無線・配車システムと2019年に連携

次の記事

Amazonが再びGoogle Chromecastsを販売

20181214_img01ディー・エヌ・エーは12月14日、2019年中に同社のタクシー配車アプリ「MOV」(モブ)と配車システムの連携を目指す計画を発表した。

タクシーの配車システムなどを開発している、システムオリジン、西菱電機、JVCケンウッドとの共同開発となる。具体的には、システムオリジンの電話受付・配車システム「テレハイAVM」、西菱電機のタクシー配車システム「AMCOSS」、JVCケンウッドの配車システム「CABmee」とMOVが連携可能となる。

MOVは、ユーザーが配車を依頼するとタクシー車内の乗務員専用端末に配車依頼が直接かかる「アプリ連携方式」を採用しており、電話配車などで使っている無線機システムとは独立しているのが特徴。タクシー事業者は無線機システムの入れ替えタイミングなどの影響を受けずに「MOV」を導入できる。

さらに「MOV」はタクシーメーターと連携して実空車情報をリアルタイムに反映可能なので、タクシー事業者は従来の電話配車と重複することなく追加の配車依頼を受けられるという。

今回の取り組みは、MOVと3社の無線機システムを連携させることで、MOVの乗務員専用タブレットでMOVアプリ経由と電話経由の配車依頼の一元管理を目指すもの。タクシー事業者は、既存の無線機システムと「MOV」の配車システムを併用できるほか、無線機システム用に必要な車載端末をMOVの乗務員専用タブレットに置き換えて導入コストが圧縮することも可能だ。

タクシー乗務員は、電話配車とアプリ配車で別々の端末を操作する必要がなくなる。なお、MOV用乗務員専用タブレットについてはレンタル料がかかる見込みだ。