PayPay、LINE Payに続き、Origamiも「半額」キャンペーン——第1弾は吉野家の牛丼並盛

次の記事

AIファンド「DEEPCORE TOKYO」にみずほ銀、電通、Mistletoeなどが出資

開始から10日間、12月13日で終了したPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」に続き、12月14日からはLINE Payが、決済額の20%を還元する「Payトク」キャンペーンをスタート。さらに今日12月17日にはOrigamiが、「Origami Pay」利用で対象店舗の商品が最大半額になる「オリガミで、半額。」キャンペーンを開始した。

LINE PayのPayトクキャンペーンは、もうご存じの方も多いと思うが、12月31日までの期間中、対象店舗・サービスでコード支払い、オンラインでの支払い、税金を除く請求書支払いに利用すると、20%相当を、後日LINE Pay残高として還元するというもの。残高付与額は、期間中1人あたり最大5000円相当。LINE PayカードやLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay(QUICPay+)での支払いには適用されない。

コード支払いでは、ローソン、ファミリーマート、上新電機、魚民、和民などが対象店舗。オンラインではZOZOTOWNやHMV & BOOKSなどが、請求書支払いは九州電力と東京電力エナジーパートナーが対象となっている。

一方のOrigamiが実施する「オリガミで、半額。」は、加盟店がローテーションする形で、対象となる商品が最大半額になるキャンペーンだ。第1弾は吉野家。Origami Payを使った税込300円以上の支払いが、12月31日の期間中は何度でも、その場で190円オフになる。つまり、牛丼並盛1杯380円なら半額の190円相当に、牛すき鍋膳並盛690円だったら、半額ではなくて500円相当になる。

「じゃあ、牛丼並を何回か並んで買った方がトクだな」と思ったそこの大食漢のあなた。キャンペーンでは「お一人様が複数品をご注文の場合、割引を目的とした複数品の分割でのお支払いはお断りいたします」ということなので、お店のご迷惑にならないように気をつけて利用してほしい(だいたい並びすぎて冷めてしまったら美味しくない)。また競馬場や競艇場ほか、一部店舗は対象外となっている。

Origamiのキャンペーンは第1弾に続き、DEAN & DELUCAを対象にした第2弾が1月下旬に、ケンタッキーフライドチキンを対象にした第3弾が2月に予定されている。対象加盟店ごとに割引上限額が異なるそうで、その都度、キャンペーンページで詳細が案内されるということだ。

割引キャンペーンで攻勢をかける各種スマホ決済サービス。普段よく利用する店舗や、LINE、Yahoo!Japanなどの別のサービスとの組み合わせ、チャージ可能な銀行・カードなどによって、どれが使い勝手がいいかは違ってくると思うので、これを機会にいろいろ試してみるのもいいかもしれない。