株式評価損14.4億円、メルカリがロンドン子会社を精算

次の記事

フルフィルメントロボットのRightHand Roboticsが、2300万ドルの資金を掴み取った

Mercari Europeのウェブサイト

メルカリは12月18日に開催された取締役会において、英国子会社のMercari EuropeとMerpayを解散し清算することを決議した。解散の理由としては、「期待する水準の事業の確立には至らなかったため」とのこと。なお、赤字が続いている米国を含むグローバル市場においては、マーケットプレイス関連事業の拡大に取り組んでいくという。

Mercari Europeは英国ロンドンを拠点として2015年11月に設立。2016年9月期に約4900万円(34万4000ポンド)、2017年6月期には約5億(354万7000ポンド)、2018年6月期には約10億(730万8000ポンド)と経常損失額が増加していたことから、今回の決定に至ったようだ。売り上げは2016年と2017年は計上されておらず、2018年6月期で約42万円(3000ポンド)だった。売上が極端に少ないのは、ユーザーからまだ手数料を取っていなかったことが理由だ(2018年12月18日18時15分追記)。

  1. 02_Home

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  2. 06_Listing

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  3. 01_Splash

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  4. 05_PDP

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  5. 07_Search_result

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  6. e

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  7. d

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  8. a

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  9. b

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)
  10. c

    欧州版メルカリアプリのUI(iOS版)

Merpayも英国ロンドンに2016年4月に設立され、2017年6月期に約4000万円(28万7000ポンド)、2018年6月期に約4700万円(32万9000ポンド)の経常損失を出していた。売上は2018年6月期のみの計上で約14万2000円(1000ポンド)だった。

メリカリ本体には、拠点閉鎖に伴う諸費用などで概算2億円前後の費用が2019年6月期、または2020年6月期の連結決算で発生する見込みとのこと。

また同社はこれまでに、Mercari Europeに係る関係会社株式評価損を合計約13.5億円、Merpayに係る関係会社株式評価損を合計約0.9億円と認識しており、当該損失は2019年6月期以降に税務上認容され、当社の連結及び単体の法人税などの金額が軽減される見通しだ。

11月15日に開催されたTechCrunch Tokyo 2018に登壇したメルカリの小泉文明社長/COOは、これまでの休止サービスについて「山田(代表取締役会長兼CEOの山田進太郎氏)も自分も、そもそもスタートアップをたくさん作ってきた人間。『新規サービスはそう簡単には当たらないよね』というのが合い言葉のようになっている。無責任にサービスを延命してリソースを取られるのは避けたほうがいい。メルペイのような重要なところへリソースを配分し直す、という考えだ」と語っていた。

また、サービス休止の見極めは「初動を見て」行うとのこと。「大きなチャレンジがたくさん出てきている中で、数値、そして感覚で見極める。経営会議で担当役員や事業責任者の話を聞きながら、冷静に判断している」(小泉氏)。

関連記事:米国展開とメルペイに注力——上場後のメルカリの今、そしてこれから

メルカリは今回、ロンドン子会社2社の解散を発表したが、同社のチャレンジはこれからも続いていくだろう。