Casio、金銀フルメタルのG-Shockを発売

次の記事

GoogleのCloud Spannerデータベースに新しい機能とリージョンが加わる

G-Shockはオタクっぽさのあまりクールになった。そして最新モデルのGMWB5000GD-9も例外ではない。オリジナルのG-Shockモデルをベースにしたこの明らかにスマートではない(しかし無能でもない)ウォッチは、ソーラー充電、電波時刻修正を備え、Bluetoothでスマートフォンと接続できる。そして今回、ゴールドまたはシルバー基調のメタル側を装い、10年前続いたブランドとはっきり離別した。

野心的なデザイン変更は、Casioの伊部菊雄がデザインした純金プロトタイプからヒントを得ている。あのキラキラの腕時計は、市場にでる可能性もあるがCasioの展示ケース全体と同じくらいの値段になるので少々やりすぎだ。しかし、この2種類のスチールモデルは実に魅力的で非常に贅沢だ。

「最初のG-SHOCKモデルDW5000Cから着想を得たこの時計は、モダンで輝やきのある色を特長としながらビンテージの美観を維持している」とCasioは書いている。「この製品は初期G-SHOCKの象徴的デザインを採用し、ケースビンテージな角型、ベゼルはレンガ模様の表面に豪華な金色のアクセントがあしらわれている」

550ドルという価格はエントリーレベルのクォーツ時計としては少々高価だが、心配はいらない。「役立たず」が「ファッショナブル」の同義語になりつつある今、ファションの世界に足がかりを見つけられるはずだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook