GM
NORAD
クリスマス
Chevrolet

クリスマスイブにシボレーのオーナーは車内でサンタを追跡できる

次の記事

AlphabetのムーンショットプロジェクトMaltaが企業として独立、Bill GatesらのBEVから$26Mを調達

北米航空防衛司令部(NORAD)は60年以上にわたってクリスマスイブに世界中でサンタクロースの進行状況を追跡している。 政府の閉鎖さえもNORADの年に一度のミッション完了を妨げることはない。

そして、General Motorsもこの毎年の慣習に一枚加わる。

12月24日、同社のChevroletブランド車種、Traverse、Tahoe SUV、Silveradoトラック、およびCruzeセダンでOnStar ボタンを押すと、サンタの居場所がリアルタイムでわかる。OnStarプランが有効なChevroletオーナーに限り、青いOnStarボタンでSanta Updateをリクエストしてサンタの現在位置を知ることができる。

この位置情報サービスはNORADの公式サンタ位置データを利用している。Santa Updateは米国東海岸時刻12月24日午前6時から12月25日午前5時までリクエストできる。Santa Updateリクエストの要求量増加に備えて、サポート体制を強化しているとGMは言っている。

「毎年何千ものSanta Updateリクエストがある」とChevroletのサポートを担当するコンタクトセンター運用ディレクターのStacey Unoldは言う。「これはChevroletオーナーにとって、テクノロジーを利用してサンタの旅に関する重要な情報を家族と共有し、クリスマス気分を広める楽しい方法だ」

ChevroletとOnStarは、米国内でSanta Updateが一回押されるたびにアメリカ赤十字社に1ドル寄付する計画だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook