iPhoneがランキングを席巻、売れているのはiPhone 8(2018年9月ランキング)

次の記事

デジタルメディアは今後いかに生き延びるか

2018年にアクセス数の多かった記事を月別に紹介していく年末企画。9月はiPhone関連記事がトップ5を席巻した。

2018年の新モデルはiPhone XS、XS Max、XRだったが、スマートフォンの売上ランキングで上位を占めたのは2017年に登場したiPhone 8。XSシリーズよりも安価なiPhone XR、1世代前のiPhone Xもランキング上位に入ったがiPhone 8には及ばなかった。XSシリーズはトップ10の下位にときどき顔を出すものの、ファーウェイの低価格機の後塵を拝すなど売上台数はイマイチの模様。とはいえ全体を見ると2018年もiPhone人気は揺るぎなかった。

日本国内でも躍進が続いているファーウェイ。米中の貿易摩擦で中国メーカーである同社の印象が今後どうなるか気になるところだが、アップルと戦えるのは同社しかいないのが現状だ。スマートフォンは機能やデザインの陳腐化が始まっており、そろそろほかのデバイスや分野に主戦場を移さないと各社とも立場が苦しくなるかもしれない。

1位 iPhone SEは後にも先にもアップルの最高傑作だった
2位 iPhone XS、XR、XS Maxを比較
3位 iPhone XRは「買い」
4位 AppleはiPhone XRで3D Touchが失敗であることを認めた
5位 iPhone XS、XS Max、XRの価格