台湾
led
台北101

新年快楽!台北101は花火大会とグリーン化を両立、55階建てのLEDスクリーン設置

次の記事

2018年最高・最悪ガジェット記事が1位(2018年12月ランキング)

taipei101

台北101は世界でもっとも高いビルの一つだ。2004年以来、新年の到来を祝う盛大な花火がこのビルを取り囲むのが台北の名物だ。2週間ほど前にジャーナリスト、ブロガーのグループが今年の花火大会の準備に招かれ、花火とグリーン化を両立させる努力を詳しく取材することができた(前回の花火を写した最後の1枚を除いて、撮影はGarret Clarke))

台北101は台湾最大の観光スポットの一つとはいえ、都心で花火を上げることには批判も出ていた。ことに台湾の大気汚染が重要な問題になるにつれ、一部の環境保護グループが花火を中止させる運動を起こした。柯文哲(Ko Wen-je)市長はインタビューに対して「1年には365日ある。
花火大会は300秒だ。われわれは大気汚染の改善にはもっと恒久的な対応を考える必要がある」と語り 、花火大会については継続の意思を示した。

台北101はすでにビルのグリーン度を計測するLEEDの認証を受けているが、引き続き炭素排出量の最小化を目指す台湾の努力のシンボルとなっている。

大晦日の夜のショーのために花火をセットする技術者

12月28日に1万6000個の花火の設置が完了。

この数年、台北101花火大会の主催者は大気汚染防止のために努力してきた。今年のショーでは花火の数は3万個から1万6000個に減らされた。迫力を補うため、55階のメッシュスクリーンの足場に14万個のLEDが取り付けられた。このT-Padは台北101花火大会の実施を請け負ったGiant
Showにより、ビルの北面に組み立てられた。 LEDスクリーンは台北市庁舎を見下ろすプラザ側にあり、恒例のニューイヤー・コンサートの背景となる。

この55階分のLEDスクリーンは恒久的に設置され、イベントのプロモーション、広告、祝日のメッセージなどが表示される。

台北101の所有者、Taipei Financial Center Corp.のブランドとコミュニケーション責任者、Andy YangはTechCrunchのインタビューに対し、今年のショーは総額で196万ドルかかったと述べた。これには、34階からから91階までセットされる花火1万6000個、
T-Pad上のアニメーションの作成費用も含まれれている。 10人から15人のデザイナーはと50人以上の花火技術者が協力して花火を所定のパターンに設置した。

新しいメッシュスクリーンの前に立つAndy Yang。

Yangによれば、このLEDスクリーンにより花火の個数を減らすことができただけではなく、花火とアニメーション、音楽を総合した音と光のショーを作り上げるのに役立つという。「台北101はさらにリッチなコンテンツを表現できるチャンスを与えるはず」とYangは言う。

画像:Garret Clarke

〔日本版〕YouTubeをTaipei 101 fireworks 2019で検索すると各種のビデオクリップが見られる。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+