SpaceXのStarshipは最高にゴージャス――イーロン・マスク、組立中の宇宙往還機のイラストを発表

このイラストはイーロン・マスクのツイートに添付されたものだ。テキサス州ボカ・チャイナにあるSpaceX発射施設で組立中のStarship宇宙往還テスト機の外観のコンセプト・アートだという。 商用に用いられる実機のほうがさらにゴージャスになるはずだ。テスト機は商用機に設けられる予定の窓を欠いている。

組立中のStarshipテスト機はこのイラストのような外観になる。実機には外界を観察できる窓が設けられる。

SpaceXはシステムを検証するため今年3月か4月にテスト機を準軌道高度に打ち上げる計画だ。 衛星軌道への打ち上げは2020年に予定されているという。

Starship(以前BFRと呼ばれていた機体)はiSpaceXの宇宙事業の次の段階のカギとなる。現在のFalconやFalcon Heavyロケットを代替し、同社の宇宙事業は将来すべてStarshipによって実施される予定だ。Starshipを地上から打ち上げるブースター部分はSuper Heavyと呼ばれる。SpaceXの将来を担うにふさわしい壮麗な外観だ。以下のツイートの添付写真はボカ・チャイナ基地で組立中のStarshipテスト機。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+