Shiftall

Shiftallがスマホと冷蔵庫を連動させたクラフトビール自動補充サービスを発表

次の記事

HPが、価格5000ドル、65インチのモンスターゲーミングディスプレイを発表

Shiftallは1月7日、自社開発の専用冷蔵庫と組み合わせたクラフトビールの自動補充サービス「DrinkShift(ドリンクシフト)」を発表した。これで夜中に「ビールがない!」と騒ぐ必要がなくなるが、飲み過ぎにはくれぐれも注意してほしい。

同サービスは日本時間1月9日から開催される「CES 2019」の 「J-Startup」パビリオン内で展示される。サービスは2019年開始予定だ。

DrinkShiftはスマホアプリと専用冷蔵庫を連動させることでビールの残数を計測、かつユーザーの飲むペースを学習することで、お気に入りのビールを的確なタイミングで自宅やオフィスに届ける。冷蔵庫とサーバー側アプリが連動し、配送日数・消費ペース・残数を計算。「ビールを切らすことがないタイミング」で追加のビール・セットを自動で発送する。

ユーザーはアプリで好きな銘柄のビールからなるセットを設定。ビールは国内外のクラフトビールを中心とした多数の銘柄を取り揃える予定だ。配送されるビールはアプリから都度変更することも可能なほか、プリセットされたビール・セットを選ぶこともできる。またShiftallでは個人の消費傾向を分析し「利用者ごと異なるおすすめセットを提供する」ことも予定している。

内容量は上段2本、下段12本。上段は冷蔵機能付きのショーケースとなっており、お気に入りのビールを展示するとともにグラスを冷やしておくことも可能だ。

サイズは315(幅)×434(奥行)×783mm(高)。専用冷蔵庫はキッチンではなく、書斎やリビングに置くことを想定しており、冷却方式は静音のペルチェ方式を採用、比較的コンパクトなサイズとなっている。

ShiftallはIoTメーカーCerevoから独立した新会社で、2018年4月2日にパナソニックが全株式を所得。Shiftallの代表取締役CEOは元Cerevo創業者の岩佐琢磨氏が務めている。

  1. drinkshift_app01

  2. drinkshift_app02

  3. drinkshift_01

  4. drinkshift_main_logo

  5. drinkshift-rgb_white