ces2019
mercari

メルカリが「ARスマートグラス」を用いた実証実験を開始

次の記事

国内キャッシュレス決済の現状をまとめたカオスマップが登場

eng-logo-2015メルカリは2018年12月20日、ARスマートグラス「Vuzix Blade」を用いた実証実験を開始しました。

この実験は、同社が提供するフリマアプリ「メルカリ」において、スマートグラスに最適化したUIやUXの検証を目的としており、AR/VR/MRやAI技術を活用して研究開発を実施する同社の「mercari R4D」によるものです。

仕組みとしては、スマートグラスのカメラ画像から、商品情報を取得し、人差し指で指すジェスチャー操作でメルカリに出品されている類似商品を検索、販売価格を表示できます。また、親指を立てることで「お気に入り」へ登録する機能も備えています。

将来的には、スマートグラスを通し、メルカリでの商品の購入や出品を、ハンドジェスチャーのみで可能にすることを目指しています。

同社は、2019年1月8日(火)から米国ネバダ州ラスベガスで開催される「CES 2019」のVuzixブースにて、特許技術を活用したプロトタイプを公開します。

Engadget 日本版からの転載。