CES:IndemnisからDJIドローン用パラシュート――群衆空撮用に正式認可

次の記事

CES:LEDダウンライトにAlexaとJBLスピーカー内蔵――スマートホームのハブになる

現在多くの場所で商用ないしホビー用ドローンは密集した人々の上空を飛ぶことを禁止されている。危険防止の立場からは当然だ。 今回のCESに登場したIndemnisのドローン用パラシュートがこれを変えることになる。アラスカのスタートアップ、Indemnisのパラシュートを装着したドローンは合法的に(比較的小人数の)人々の上を飛ぶことができる。こうしたデバイスが正式に認可を受けたのはこれが最初だ。

IndemnisのNexusはDJIの空撮用ドローンのためのパラシュートだ。オレンジ色の筒型ランチャーにパラシュートが収められており、センサーがドローンの飛行に異常を検知するとパラシュートが発射される。

認可を得るためにIndemnisは 5種類の異常シナリオに基づく45回の実機テストを含む多数のテストを繰り返してきた。テストの目的はセンサーが確実に異常を検知し即座にパラシュートを開傘できることの確認だった。

Indemnisはプレスリリースでこう述べている。

Nexusは火薬発射式パラシュート・ランチャーであり、ドローンの飛行パターンに異常を検知すると自動的に作動する。センサーはドローンが突然傾いたり落下したりするなどを検知する。ランチャーは0.03秒で作動し、ドローンの時速は144キロまでカバーする。円筒形のランチャーはパラシュートを高速で発射する。これはパラシュート・コードがドローン本体やプロペラに絡まないよう遠くに離すためのデザインだ。今日、IndemnisはNexusパラシュート・パッケージを発売した。これはDJI Inspire 2向けキットで、Matrice 200、Matrice 600の両シリーズ向けキットも2019年後半にリリースする計画だ。

ドローンの安全性を確保するデバイスは何社かが開発しており、パラシュートも一つのオプションとして検討されており、こうしたプロダクトは下にいる人々とドローン自身を守ろうとデザインされている。DJI自身はまだパラシュートを組み込んだドローンを発売していない。

CES 2019 coverage - TechCrunch

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+

■関連記事
スズメバチやクモをモデルにした強力ドローン開発
ドローン出現で閉鎖の英ガトウィック空港が再開
スキマを検知してすり抜けるドローン
ドローンが初めて臓器移植用の腎臓を運ぶ
バッテリー満載ドローンが10億円超を調達