金融庁、コインチェックを仮想通貨交換業者として正式登録

次の記事

Caperのスマートカートでレジなしショッピングへ

金融庁は1月11日、仮想通貨交換業者のコインチェックを改正資金決済法にもとづく業者として正式登録したと発表した。同社は2018年1月に約580億円相当の仮想通貨NEMが流出したことを発表。同社はこれにより、日本円を含む取り扱い通貨全ての出金を停止するなどサービス一部の一時停止を余儀なくされた。また金融庁はこれを受け、コインチェックに対して2度の業務改善命令を出すなどしていた。

コインチェックは2018年11月までに事件の発端となったNEMを含む全仮想通貨の購入、入金を再開するなど徐々に提供サービスの再開を進めてきたが、ついに今回金融庁はコインチェックを正式な登録業者として認めることとなった。同社は今後、登録を受けていない「みなし事業者」ではなくなり、登録済みの仮想通貨取引所として運用できるようになる。

■関連記事
コインチェックなど仮想通貨関連記事が上位に(2018年1月ランキング)
コインチェックがイーサリアムやネムなど3通貨の入金・購入を再開
コインチェックが新規口座開設と一部通貨の入金・購入を再開
マネックスがコインチェックを36億円で買収と正式発表
コインチェックが約580億円相当の仮想通貨の流出を発表