上場を控えたAirbnb、2年連続で通年黒字決算――新CFOに強い期待

次の記事

American Expressが日本のレストラン予約サービスPocket Conciergeを買収

今日(米国時間1/15)、ホームシェアリングの巨人、Airbnbがいくつかの重要な数字を明らかにした。これによると同社は2年連続でEBITDA(金利・税金・償却前利益) ベースでの黒字化を達成した。

2018年第3四半期にAirbnbは「過去もっとも好調な四半期だった」と述べた。収入は10億ドルを優に超えたという。

第4四半期には、共同ファウンダー、 CEOのBrian Cheskyと対立して会社を去ったLaurence Tosiの後任となるCFO(最高財務責任者)のスカウトに成功した。 Airbnbを次の段階に進ませるのはAmazonの副社長を長く務めた新CFO、 Dave Stephensonの役割となる。

今日のメモで、Airbnbは「急速な成長と長期的黒字化の双方を達成するために(Stephensonの)豊富な知識・経験が活かされるものと期待している」と述べている。また2019年第1四半期末までに延べゲスト数は5億人を超えるとしている。

Airbnbは今年中に株式上場を実施する意向を発表している。

〔日本版〕Airbnbは宿泊先ホストに株式を付与することを計画しており、SECにこれを可能にするよう規則改正を求める意見書を提出している。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

■関連記事
Airbnbが大手不動産所有会社と和解
Airbnbがカリフォルニア山火事の避難民に無料宿泊を提供
Airbnbが新CTOをGoogleから引き抜く
サンフランシスコのAirbnbホストに225万ドルの罰金命令
Airbnbの前四半期売上は10億ドル超、このペースでIPOに突入か