Apple、iPhone XSとXR向けのバッテリーケース発売

次の記事

Firefoxのための実験工房Test PilotをMozillaが閉鎖へ、今後はMoz本体として新機能の実験を増やす

もちろんiPhone用のケースはそこらじゅうにある。しかしアクセサリーはApple純正のものでなければ、という人のためにAppleは最新機種XS、XS Max、そしてXR用の公式バッテリーケースをリリースした。

最初にMacRumorsが報じたこれらケースは、iPhone 7向けとして最初に登場したものと似たようなデザインだ。おなじみのバッテリーのこぶもあるが、今回はこのこぶが背面のほとんどを覆っている。これで、手に持った時の感触はさほど妙なものではなくなるはずだー少なくとも見かけはややましだ。

今回はシリコンカバーの黒と白の2色で、ケースを取り外さなくてもワイヤレス充電できる。

この新しいスマートバッテリーケースはモデルに関係なく129ドルだ。 XSの場合33時間、XRで39時間の通話が追加で可能になる。Appleが指摘するように、これに関しては純正のものであるアドバンテージがいくつかあるが、そのうちの一つとしてインテリジェント・バッテリー残量があり、ノーティフィケーションセンターとiPhoneのロックスクリーンにバッテリー残量が表示される。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

■関連記事
Appleには悪いけど、まだiPhoneを買い換える気になれない
Mophineの新しい充電ケースはLightningポートを使わずにiPhone充電
ファーウェイの新年ツイートはiPhoneから、最悪タイミングで痛恨ミス
米金融大手は今年のiPhoneの落ち込みを予想、最悪はXS Max
Twitterの新機能がiPhone vs Android戦争を再燃させている