値上げ
料金

Netflix、米国ユーザーの料金を値上げ。一番人気のプランが月額13ドルに

次の記事

企業を“卒業”したアルムナイとの新しい関係づくりをSaaSで支援、ハッカズークが資金調達

Netflixは米国ユーザーの月額利用料金を改定する。これは同サービスがスタートした12年前以来最大の値上げになる。

利用する視聴プランによって、値上げ幅は13~18%になる。一番人気のプラン(HDストリーミングを最大2台同時利用)の料金は月額10.99ドルから12.99ドルに上がる。同時視聴可能1台のプランは月額8.99ドル、4台のプランは15.99ドルにそれぞれ上がる。

「われわれは適宜料金を変更している。これはメンバーの利益のために、すばらしいエンターテイメントとNetflix体験全体の改善に投資するためだ」と同社は声明で語った。

Netflixは昨年最上位プランを値上げしたが、最低価格のプランは月額7.99ドルで据え置いた。このため今日の発表は、2010年にこのプランが導入されて以来初めての値上げになる。

値上げはいつからか? 厳密なタイミングは請求サイクルによるが、変更はすぐに有効になるらしい。価格変更はNetflixが米ドルで請求している中南米・カリブ海市場にも適用されるが、メキシコとブラジルは対象外だ。

Netflixがオリジナルコンテンツの拡大を続ける資金を確保するために、料金値上げは避けられないと見られていた。一方で、Disney、AT&T/WarnerMedia、NBCUniversalらも競合するサービスを次々と提供し始めている。これは、各社がNetflixにコンテンツをライセンスすることへの関心が低くなること、またライセンスする場合には高額を要求するであろうことを意味している。

同時に、Netflixの国内市場はほぼ飽和状態にあることから、値上げは米国ユーザーの離脱を促すリスクも高める(大きな成長機会は海外にあると見られている)。

ウォール街はこのニュースに好意的反応を示しており、東海岸時刻10:15 amのNetflix株は5.8%高となっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

■関連記事
Netflixが「バード・ボックス」チャレンジを止めるように懇願
Netflixの「ブラックミラー」特別編「バンダースナッチ」は対話的ドラマらしい
オバマ夫妻がNetflixと番組を契約
auが「Netflixプラン」を開始、月25GB+通話定額で月5500円から
Windows10版のNetflixでもオフライン視聴が可能に