ECG/EKG
Apple Watch

Apple、高齢者医療保険によるApple Watchの助成を検討中(CNBC報道)

次の記事

GoogleがG Suiteを値上げ

Watchを本格的医療機器へと進化させようというAppleの意欲が、心電計の採用によって強められたことは間違いない。同社は以前からこのベストセラー・ウェアラブルを様々な医療保険プラットフォームに載せることを目指してきたが、 最新の報道によると、同社はApple Watchの助成を受けるべく、複数の民間メディケアプラン[高齢者向け医療保険]提供会社と接触している。

もし保険会社が話に乗れば、279ドル以上するApple Watchが高齢ユーザー向けに大きな成功を収める可能性がある。心電計機能とともに、昨年発売されたSeries 4には、転倒検出という、高齢者や医療保険会社にいっそうアピールする機能が加わっている。

記事によると、少なくとも3社が同社と話をしているという。本誌はAppleにコメントを求めたが、契約完了前に返事があることは期待していない。しかしAppleにとってこのような提携は、ウェアラブル分野ではめったに光の当たらないターゲット層の顧客を増やす可能性がある。

医療健康に力を入れているのはもちろんAppleだけではない。Fitbitもこの分野を積極的に追求している。本日(米国時間1/16)同社は、国立衛生研究所 (NIH)の新しい医療研究プロジェクト、”All of Us”に参加することを発表した

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

■関連記事
Apple Watchの心電図機能が使えるようになった
Apple Watchの心電図機能が早くもその価値を証明
Apple Watchは最初の心電計ではないが、消費者に与える影響は膨大だ
新しい「ドライ」心電センサーが、ウェアラブル医療機器への道を開く
3Dプリントで作ったソフトな人工心臓は本物そっくりに動く