Slack、新ロゴ導入中、一部で批判の声も

次の記事

AWSが早くも今年ニつ目の買収、今度はクラウドリソース最適化のTSO Logic

新年を迎えてUIの改良に取り組んでいるSlackの最初の仕事はロゴのアップデートだった。おなじみの井桁のロゴに代わる十字型の新デザインが発表され、主要プラットフォームに順次導入中だ。

Slackは新デザインを採用した理由を公式ブログで詳しく説明している。「創業当初の熱意を保ちながら新しい流れに対応していく決意を象徴する」といったロゴ刷新の定石が述べられている。Slackは新しいデザインの方が「よりシンプルだ」と主張しているが、これにが異論も出そうだ。なるほど中間色がなくなって色数は減ったが、形状は複雑で記憶を頼りに描いてみようとするとはるかに難しい。

Creaデザインしたのはニューヨークのスタジオ、Pentagram DesignのMichael Bieruttheだ。今回のロゴ変更はSlack創業以来の最初大規模なフェイスリフトの一環となる(実際旧ロゴはSlackが公式にスタートする前から知られていた)。

Pentagram Designも自身のブログでこのデザインの意図や決定に至った経過を説明している。カラースキームをシンプル化すると同時にSlack独特の「茄子紺」をアイコンの背景にすることで企業のアイデンティティーを強調したのだという。

しかし新ロゴには対しては以下のツイートのように「カギ十字みたいだ」という批判の声もある。

もちろんデザイナーにそんな意図がなかったのは間違いないし、カギ十字のモチーフははるか古代からさまざまな文化で用いられてきた。しかしカギを裏返して赤地に配した近年の最悪な利用例の記憶はまだ新しい。ともあれロゴは企業の顔であり、好印象を与えるのが目的だ。それに一度見てしまえば長く印象に残る。こうしたことを考えると新ロゴがこのまま無事に定着するかどうか注目だ。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

■関連記事
Firefoxが新しいロゴを制作中
Mozillaがレンダリングエンジンとロゴを一新
ゲーム専用スマホ「Razer Phone 2」の美麗な写真、ロゴが光るぞ!
Googleの新ロゴはただのデジタル落書きではない
25年目にしてMicrosoftがロゴを一新