ドア・ツー・ドア配達DoorDash、全米50州をカバー

次の記事

政治コミュニティアプリ「PoliPoli」がリニューアルし“議論の場”から“課題解決”のサービスへ

40億ドルという巨額の会社価値で2.5億ドルの資金調達ラウンドを終えたDoorDashが、新たに6つの地域でサービスを開始した。本日(米国時間1/16)よりアラスカ州アンカレッジ、モンタナ州ビリングス、ボウズマン、およびミズーラ、サウスダコタ州スーフォールズ、ノースダコタ州ファーゴー、ウェストバージニア州モーガンタウンおよびハンチントン、ならびにワイオミング州シャイアンで同サービスが利用可能になり、これで同社は米国全50州にわたって運用する初めてのオンデマンド・フードデリバリー・スタートアップになった。

「過去1年間だけで当社のサービス地域は北米600都市から3300都市へと4倍以上に増え、全米数億人にとってのドア・ツー・ドア配達を民主化した」とDoorDash共同ファウンダー・CEOのTony Xuが声明で語った。

2013年に設立されたサンフランシスコ拠点のDoorDashは、総額10億ドル近いベンチャー資金をSoftBank、Sequoia、Coatue Management、DST Global、Kleiner PerkinsけKhosla Ventures、CRVなどから調達している。

Postmates lines up another $100M ahead of IPO

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

■関連記事
Postmatesの自動走行配達ロボServeはフレンドリー
ロボット配達にアーリーステージの資金が続々
置き配バッグ「OKIPPA」と日本郵便が再配達削減の実証実験へ
UberRushがレストラン配達を中止へ
DoorDasyのCEOがオンデマンド食品配達の未来を語る