ハリーポッター

Niantic、シリーズCで2.45億ドル調達、評価額は約40億ドル

次の記事

ドア・ツー・ドア配達DoorDash、全米50州をカバー

昨年12月頃から、Niantic(ポケモンGOや近日公開予定のHarry Potter: Wizards Unite[ハリーポッター:魔法同盟]の開発元)がシリーズCラウンドで巨額の資金を調達中だということは知られていた。その時点で金額は約2億ドルと言われていた。

同社はつい先ほどラウンドの詳細を正式発表し、最終金額が2.45億ドルだったことを明らかにした。

Nianticによると、同ラウンドはIVPのリードで行われ、aXiomatic、Gaming、Battery Ventures、Causeway Media Partners、CRV、およびSamsung Ventresが参加した。同社は企業評価額が〈ほぼ〉40億ドルだったことも認め、最初にこの調達ラウンドのうわさが出たときの数字に言及した。

これはポケモンで圧倒的成功を成し遂げたNianticが、次期計画を構築する中での資金調達だ。同社はこれも大いに郷愁を誘う知的財産に基づくゲーム、Wizards Uniteを近々スタートする一方、同社の誇るARフレームワーク(および興味ある場所の巨大データベース)をサードパーティー・デベロッパー向けにゆっくりと公開していく準備を進めている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

■関連記事
ポケモンGO開発のNianticが1.9億ドルの調達ラウンドを完了
Nianticが会社評価額39億ドルで2億ドル調達か?
NianticがARマップ作成にクラウドソーシングを活用
NianticがポケモンGOの次はハリー・ポッターと発表
NianticがARのEscher Realityを買収