民泊向けIoT鍵受け渡しサービス運営Keycafeが資金調達

次の記事

野菜のように、顔の見える生産者から電気を買う「みんな電力」が11.8億円調達

Keycafe Smartbox 端末

本社をカナダのバンクーバーに構え、民泊やシェアリングエコノミー向けの鍵受け渡しサービス「Keycafe Smartbox」を運営・販売するKeycafeは1月21日、トヨタ自動車などが出資する未来創生2号ファンドを含む複数の投資家から資金を調達したと発表。出資金額は非公開とされている。

IoT鍵受け渡し端末のKeycafe Smartboxは主に民泊やカーシェアリングなどのシェアエコ関連サービスのユーザーに使われており、遠隔かつ無人での鍵の受け渡しを可能にしている。

利用方法はとても簡単だ。まず鍵のオーナーはアカウント登録し、アカウントに管理する鍵を追加。その上で近くのKeycafe設置場所へ行き、鍵に専用のキーホルダーを付けてSmartBoxに預ける。

ユーザーはアクセス権を付与された後、メールもしくはショートメッセージにてSmartboxの設置場所とアクセスコード、店舗の営業時間を受信。鍵を受け取りに行く。ユーザーはアクセス権を付与された後、メールもしくはショートメッセージにてSmartboxの設置場所とアクセスコード、店舗の営業時間を受信。鍵を受け取りに行く。

なお鍵の受領・返却時には自動的にオーナーにメールが送信される。

同サービスは北米・欧州・アジアを含む世界800ヵ所以上で展開。日本国内では現在、コンビニやカフェなどの店舗を中心に東京・大阪・福岡・那覇など45ヵ所に展開されているが、今後も更に設置店舗を増やす予定だ。

同社は1つのアカウントで複数の鍵を管理できる、宿泊施設や不動産管理向けのサービス、また、日本の住宅宿泊事業法で必要とされる本人確認・宿泊台帳に対応しており、 鍵の受け渡しを行う前に本人確認やパスポート情報をゲストから入手して宿泊施設のチェックイン無人化・省力化を実現するサービスも開発・運営している。

Keycafeアジア太平洋地域代表・日本法人社長の小河内亮氏いわく、同社には不動産事業者やビル管理業者からの問い合わせも多いのだという。そのため、Keycafe Smartboxを「多様な事業者により使いやすい」サービスに進化させるべく、同社は調達した資金をもとにサービスおよび端末の開発、 そして世界展開を加速させていく予定だ。