求人
Google検索

Googleが求人情報検索サービスを日本でも公開

次の記事

グリーがファンコミュニティサービスの「Fanbeats」発表、すでに大手含む30社以上の参画決定

Googleは1月23日、求人情報検索サービスの提供を日本でも開始した。この新機能「Google しごと検索」は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページなどから求人情報を取得し、検索結果ページに表示するというもの。「渋谷 バイト」「営業 求人」など希望する職種やエリアなどを入力して検索すると、関連する求人情報が検索結果内にまとめて表示される。

表示された任意の求人情報を選択すると、情報提供元のサイトにアクセスすることなく、より詳しい情報が表示される。

同サービスでは、採用を行いたい企業のサイト管理者が構造化データを用意することで、自動的に自社サイト内の求人情報をクロールし、検索結果に表示されるようにすることも可能だ。

同サービスは米国では2017年5月に「Google for Jobs」として発表され、ローンチしている。

【関連記事】
求人界のTinder「Teamable」が500万ドルを調達
企業と人材エージェントをつなぐ「JoBins」が資金調達
Googleが求人情報検索サービスをローンチへ
Facebookが人材募集サイトと提携し求人広告を増やす
リンクアンドモチベーションが転職クチコミサイト「Vorkers」に22.5億円出資