労務管理のSmartHRが保険領域に参入、年内に第一弾プロダクト

次の記事

Linuxがブロックチェーン上に分散サプライチェーンを構築するためのフレームワークをローンチ

労務管理クラウド「SmartHR」などを提供するSmartHRは1月23日、新会社SmartHR Insuranceを設立して保険業界にテクノロジーで変革をもたらす「InsurTech(インシュアテック)」の領域に参入すると発表した。

SmartHRはこの背景について、「保険業界は国内41兆円と言われる巨大産業である一方、FinTech領域に比べて、この領域でビジネスを営むスタートアップが少ないのが現状」とコメント。具体的にどのようなサービスを提供するかは明らかになっていないが、2019年内には第一弾となるプロダクトをリリースする予定だという。

SmartHR Insuranceの代表取締役を務めるのは、SmartHR CEOの宮田昇始氏とKyashでVP of Productを務めた経験を持つ重松泰斗氏の2人。同社は「保険領域における非合理の解消に挑戦する」と新たなチャレンジを前に意気込みを見せた。

2015年に開催されたTechCrunch Tokyoスタートアップバトルで最優秀賞を飾ったSmartHR。2018年9月の時点では導入社数が1万6000社を越え、サードパーティストアを軸にした新たな成長戦略を発表していた。今回のInsurTech参入は、去年始まったSmartHRの進化が加速しつつあることを表しているのだろう。

【関連記事】
「人事労務freee」と「SmartHR」がAPI連携開始
SmartHRでガラケーのみの従業員が勤務先で入力可能に
SmartHRが15億円調達、東京海上日動火災保険との連携も視野に
労務管理クラウドの「SmartHR」がAPI公開
TC Tokyo 2015「バトル」勝者はクラウド労務手続き支援のSmart HR