ペット・ロボット
Aibo

ソニーのロボット犬「aibo」がアップデートで賢くなった

次の記事

イーロン・マスクがTesla車にもうすぐ「見張りモード」が入るとツイート

aiboが出たときは大いに期待した。犬もロボットも大好きなのだ。しかし実際にテストしてみると、3000ドルもするわりに機能は限定的だった。ロボット犬が本当に家族の一員になるのはだいぶ遠いようだとため息をついたものだ。

それから数ヶ月、ソニーはいくつかのアップデートを実施した。これでまた私の関心が呼び覚まされた。われわれの姉妹メディア、engadgetによればaiboの「チョコ・エディション」は焦げ茶と茶色の塗装のおかげで見ためが今までより犬らしくなった。現行の白バージョンと価格は変わらない。

しかしもっと重要なのはaiboに新しい芸が用意されたことだろう。当面一番役に立ちそうな芸のパッケージは内蔵センサーを利用した見守り機能だ。「aiboのおまわりさん」はソニーが以前から準備していたもので、ロボット犬の顔認識と3Dマッピング・テクノロジーをセキュリティー監視に利用している。

日本では大手警備保障会社のセコムと提携したパッケージの提供も検討しているという。なお、「おまわりさん」の基本機能は無料だが、今後拡充されるaiboの新しい芸を使うには月額1480円のプレミアムプランへの加入が必要だ。またサードパーティーが利用できる開発プラットフォームも夏までに公開されるという。

本体価格を考えると、これで購入者が殺到するようになるかどうかわからないが、少なくともソニーがロボット犬のサポートに力を入れていく姿勢がはっきりしたのはグッド・ニュースだ。

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

【2019.01.28 18:00訂正】aiboの「おまわりさん」機能の記述に誤りがありました。おまわりさんの基本機能は無料で提供されます。お詫びして訂正いたします。

【関連記事】
aiboが「操作できるロボット」に、ソフトウェアAPI公開へ
ソニーのかわいいロボットドッグが米国にやってくる
新型aiboは自ら好奇心を持った、生活のパートナーとなる犬型ロボット
高齢者の運転見守りサービス「SmartDrive Families」が正式リリース
イーロン・マスクがTesla車にもうすぐ「見張りモード」が入るとツイート